-->

性病情報サイト

あなたは激増する危険な性病の梅毒やエイズ(HIV)でないと言えるか?

「 HIV感染症 」 一覧

HIV検査の経過と現状

現在新型コロナ感染症のオミクロン株は海外から持ち込まれることが危惧されています。しかし実際には新型コロナのオミクロン株沢はありません。 HIV/エイズも同様に危ぐされているのです。

なぜなら日本のHIVの感染者数は2018年時点でHIV感染者が20,836人でエイズ患者9,313人でHIV感染者とエイズ患者を合計するとなんと3万人を超えているのです!

つまり、1億2,000万人/3万人=4,000となるのです!

       ↓
4,000人に1人がHIV/エイズ感染者ということになるのです!

この中で2018年の新規感染者はHIV感染者は940人でエイズ患者が377人で合計1,317人で2017年の前年よりは若干減少しています。

しかしこれまでの増加傾向を考慮するとまだまだ予断は許されないという恐ろしい状況にあるのです!

HIV感染者及びAIDS患者(1985年~2020年)累積報告数グラフ

画像出典元:国立感染症研究所

 

これまでの経過について

検査体制の強化経過

保健所におけるHIV検査は1987年時点では有料のHIV-1抗体検査としてスタートし、 1993年4月から検査は無料化されたのです。また、来日した外国人の1人からHIV-2感染が報告されたことにより 1993年8月からHIV-2抗体検査も加わりました。

当初は日本でも国民がHIV感染に関する関心が非常に高く、またメディアなどの報道によって保健所における検査数は 1992年には13万件を超えたのです。

しかしその後国民のHIV感染に対する関心が希薄になると同時に検査数減少し、1997年には4万6,000件程度まで落ち込んだのです。

しかしエイズ動向委員会でのHIV/エイズの感染の報告数は増加し続け、保健所における検査結果の感染者数も増加し続けたのです。

また、その一方で献血血液におけるHIV抗体の陽性数率は年々増加の一途をたどり、 1999年には献血血液のHIV抗体検査をすり抜け、 HIV感染のウィンドウ期にある血液の輸血によるHIV感染が発覚したのです。

そのためその年の10月からは献血血液のHIV抗体陰性のすべての血液において核酸増幅検査、いわゆるNATが導入されたのです。


このような経緯の中で保健所でのHIV検査検査体制の強化が重要な課題となり、 2000年には厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業においてHIV検査体制の研究班が立ち上げられました。

その結果、保健所で平日に実施されるHIV検査の他にも、夜間検査の受付及び土日の特設検査所の開設及び増設への地方自治体への協力を要請したのです。

そして即日検査体制の検討および導入を順次実施していったのです。

また、これらの検査情報を提供するホームページを2001年に立ち上げたのです。

その結果 2003年以降の即日検査導入の効果は非常に大きく、検査数およびその結果のHIV陽性数ともに著しく増加し 2008年には検査数は17万件を超え検査結果のHIV陽性数も501件と2002年と比較しても2.9倍まで増加したのです。

しかし 2009年には新型インフルエンザの大流行の影響を受けてしまい、検査数は大幅に減少してしまい、再び流行が始まった2010年も検査数は13万件まで減少し、その後も同レベルの検査数で推移しています。

しかしながら、 2010年の検査結果のHIV陽性数は473件と2008年と比べても5.6%減少したに過ぎず、それにもかかわらず、 HIV検査結果の陽性率は0.28%から0.36%まで増加していたのです。

さらに保健所のHIV検査での陽性数は2000年以前までは新規の感染報告数は20%程度に過ぎなかったにもかかわらず、検査体制の強化および改善と共にその報告数は年を追うごとに増加し続け、 2012年には47%にもなったのです。

この年の検査数は減少しているにもかかわらず、その補足率は上昇しており、結果として保健所のHIV検査体制は一定の成果をあげていることが分かりました。

2008年から2012年の5年間について考察してみる、保健所検査における陽性率は0.22%から0.27%であり、陽性反応を経験したことのある保健所は23%から25%で本人に陽性結果を伝えることができた確率は89%から95% だったのです。

またその後、医療機関での受診を把握できた確率は67%から75%で、陰性の結果については、毎年98%に伝えられていることが分かりました。

また、特設数施設数は2011年までは17カ所から19カ所でしたが 2012年には25カ所に増加したのです。

その回収率は84%から100%で、その中のHIV陽性反応経験施設は82%から100%であり、その後の医療機関への自信を把握できた確率も72%から82%もあり、いずれも保健所よりも高い確率であることがわかりました。

特にHIV陽性反応率は保健所よりも2.6倍も高く、これらの特設数施設はHIV感染リスクの高い集団が利用していると考えられるのです。

献血HIV陽性率増加

献血件数自体は毎年減少傾向にあるのですが、献血によって見つかるHIV陽性患者数は2005年を除き、毎年増加の一途をたどっているのです。

日本赤十字社の調べによると、2007年に献血された血液の中でHIV陽性であった血液が102件と初めて100件を超えてしまい、 10万件当たりの陽性数が2,065件となり、初の2,000件台となったことがわかりました。

その原因は感染者数の増加に加え、検査目的の献血が増加している事が原因と考えられます。
HIV陽性数の25%に当たる26件が大阪府内の献血血液から発見されたことも明らかになり、大阪におけるHIV検査体制のさらなる充実が急務となっています。

さらに注目すべき事は陽性数102件のうち6件が抗体検査では陰性でNATでのみ HIVの存在が確認された感染初期のパターンであったことです。

献血された血液の検査にNATが導入されて以来、毎年1件から3件程度のHIV陽性がNATにより発見されていましたが2007年に6件という急激な増加はあったことから今後はさらに多くの感染初期の人が献血に訪れる可能性を示唆しているため、大変憂慮すべき事態になっていると考えられます。

NATは非常に感度が高い検査方法ですが、ウィンドウ期においてはごくわずかのHIVウイルスが検査をすり抜けてしまう可能性はゼロではありません。

そのため日赤では、輸血によるHIV感染を防止するために献血をHIV検査に利用しないように呼びかけているのです。私たちも保健所などの公的検査機関で無料・匿名のHIV検査を受けるようにしなければならないと考えられます。

ウィンドウ期とは

HIV検査はHIVに感染することにより、人間の体内で生成される抗体の数を調べる検査であるため、抗体の数が十分に増えていない状態で、 HIV検査をしても、抗体を検出できずに陰性になってしまう可能性が高いのです。

HIV検査はウィンドウ期を避けよう

V検査を受ける場合には、 HIV感染のウィンドウ期を避ける必要があります。

HIVに感染したと思われる。また、感染した心当たりのある人から約3ヶ月までをHIV感染のウィンドウ期を読んでいて、なるべくこのウィンドウ期以降にHIV検査を受けることを推奨されています。

なぜなら、前述のように仮にHIVに感染していたとしてもこのウィンドウ期には、まだ抗体の数が少なくて検査をしても陰性になってしまう可能性があるためです。

たとえウィンドウ期でも充分な数の抗体が体の中にできていれば陽性になりますので、

その場合は「アウト」になります。

実際にはHIVに感染したかもしれないと不安になった人は多くの場合、ウィンドウ期を過ぎるのを待ちきれずに検査を受けに行く可能性が高いのです。

HIVに感染してから4ヶ月。以前ならほとんどの場合、院生になってしまいますが 1ヶ月から2ヶ月程度経過していれば、個人差はありますが検査結果は陰性でもその結果をある程度信頼できる目安にはなります。、

しかしそれでもその検査結果は完全に信用できるものではありません。

そのため、結局3ヶ月以降にもう一度HIV検査の再検査をする必要があるのです。

HIV検査の偽陽性とは

実際にはHIVに感染していない(つまり確認検査でも陰性になる事)にもかかわらず、スクリーニング検査で陽性判定が出てしまうことを偽陽性と呼んでいます。

HIVに感染していないのに、 HIV検査で陽性判定が出てしまうと非常に困るのですが、これには訳があります。実はスクリーニング検査は非常に高感度の試験であるため、少しでも怪しければすべて陽性と判定してしまうのです。

逆に言えば、このHIV検査のスクリーニング検査をパスすれば絶対にHIVには感染していないと確定できるのです。

この偽陽性の発生確率は100人に1人、つまり1%と低いため、仮に偽陽性であっても確認検査さえすれば、本当に陽性かどうかはわかるので大丈夫なのです。

この偽陽性については保健所でHIV検査を受けるときに必ず説明してくれます。

そのため、HIV検査のスクリーニング検査で陽性反応だったからと言って、

それだけでHIV感染していると決めつけずに、必ず確認HIV検査まで受けるようにしてください。

HIV検査のタイミング

HIV検査はあなたがHIV検査を受けたいと思ってもいつでも受けることができる訳ではありません。

HIV検査を受ける事ができる時期には制約があるのです。HIV検査は適切な時期で検査を受けないと感染を特定できないのです。

HIV検査は感染3ヶ月後に受けること!

保健所などで実施されているHIV検査では、 HIV感染の可能性のあった日から3ヶ月(12週)以上経過してから検査を受けるようにという案内があります。

これは、前述のようにHIV感染によって人間の体内につくられる抗体がすぐにできず、個人差も考慮した場合、概ね3ヶ月くらいな期間が必要なためです。


従って、もしあなたがHIVに感染したかもしれないと状況になってしまいすぐにでもHIV検査を受けたい思っても 3ヶ月経過するまで待つ必要があるのです。

しかし、それは保健所で確実なHIV検査の検査結果を欲しいという場合であり、保健所以外の検査機関を使ったり、検査結果が100%確実でなくても良いという条件付きであれば 3ヶ月待たなくてもHIV検査を受けることが可能です。

それではHIV検査の種類を説明しながら検査を受けるタイミングについて詳しく説明していきましょう。

感染から10日以内にHIV検査を受けても無駄!

あなたがHIV感染したかもしれないと思われる日から10日以内の場合、残念ながら今の技術では HIV感染したかどうかを検査できる方法はありません。

例えばあなたは今日、風俗に遊びに行ってコンドームなしでセックスをして HIV感染の不安にかられても、明日HIV感染を調べるHIV検査方法はないのです。

HIV感染症

HIV感染症とは

まずHIV感染症とエイズ/AIDSは別物です。
HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)の頭文字をとった略号でヒト免疫不全ウイルスのことです。

そのため、 HIV感染症は単にHIVウイルスに感染した状態の事をHIV感染症といいます。

このエイズの発症の原因となるウイルスであるHIV感染者数は2020年現在、世界で約3,700万人いるとされています。

また超大国である隣国の中国人口の多いインドや太平洋地域では約1,000万に近いHIV感染者や患者が差別や偏見などと闘っています。

ここの世界的規模での感染症は1981年にアメリカで報告されたのは初めてで、歴史的には短い感染症なのです。

その後、多くの研究者によって米HIV感染症の疾患がレトロウイルス感染症であることが突き止められ、感染経路や胴体などが明らかにされました。

レトロウイルスとはRNAウイルスのことです。

急性期(初期症状)

エイズ/AIDSは

Acquired ImmunoDeficiency Syndrome(後天性免疫不全症候群)のことでHIVウイルスに感染し、免疫力が低下することによりエイズ/AIDSの発症の基準とされる23種類の病気が発症した場合にのみエイズ/AIDSと診断されます。

そのため、HIV感染症つまり HIVウイルスに感染しただけではエイズ/AIDSになったとは言いません。

HIV感染症の感染経路

ではHIVウィルスはどうやって感染するのでしょうか?

HIVウィルスの感染源となるのは、精液や膣分泌液、血液および母乳などです。

主なHIVウイルスの感染経路はセックスによる感染もしくは血液を介した感染、

そして母子感染の3種類に分けられます。

1.セックスによる感染

セックスによる感染はHIVウィルスの感染経路として最も多い感染経路です。
HIVウイルスを含む精液および膣分泌液等がセックスによって相手の性器や肛門などの粘膜や傷口から体内にHIVウイルスが侵入し感染します。

2.血液を媒介した感染

例えば、覚せい剤などの静脈注射の回し打ちなどを注射器でする際等の注射器具の共有により、HIVウイルスが感染します。

ただし、日本では献血された血液はその後のHIV検査で安全性が確保されてます。それでも現在の検査技術水準でやっても極めてレアケースですが輸血用血液からのHIVウイルスの感染の可能性は100%は防止できません。

また現在の献血由来の血液凝固因子製剤の場合しっかりと加熱処理されているため現在の血液凝固因子製剤でHIVウイルスに感染することはないです。

3.母子感染

母親がHIVウイルスに感染している際は妊娠中や出産する際にHIVウイルスがその子供に感染する可能性があるのです。

また母親の母乳の中にもHIVウィルスが存在しているため、授乳によっても子供にHIVウイルスが感染する可能性があります。

また、日本ではあらかじめ母親にHIVウイルスに対する抗ウイルス薬を内服してもらうことや母母乳を子供に与えないなどの対策により、子供に対するHIVウイルス感染を約0.4%まで抑えています。

HIV感染からエイズ/AIDSが発症するまで

急性期(初期症状)

HIVウイルスに感染したからといってすぐにエイズ/AIDSが発症するわけではありません。

まず人間はHIVウイルスに感染すると、感染したあと3週間目から4週間目くらいが間にHIVウイルスは急激に体内で増殖を始めます。

その結果CD4陽性リンパ球が破壊されます。この期間には発熱やのどの痛み、だるさ・下痢などの風邪やインフルエンザと似たような症状が発症し、筋肉痛や湿疹などが出るケースもあります。

いずれの症状も通常は数日から数週間で焼失してしまいます。

キャリア期(HIVウィルスキャリアとなる時期)

HIVウィルスに感染して急性期を過ぎると次には症状が全くない期間が数年から10年以上続きます。
この期間のことをキャリア期(HIVウィルスキャリアとなる時期)といいます。

このキャリア期(には個人差が大きくあります。例えば15年経過しても症状が全く出ないHIV感染者もいれば、最近ではHIVウイルスに感染してから2年程度でエイズ/AIDSを発症する人も少なくありません。

このキャリア期はたとえ全く症状が出なくても身体内にはHIVウィルスが存在し増殖し続けておりCD4陽性リンパ球の数が低下していることで免疫力が徐々に低下します。


またHIVウイルスに感染していると同時にクラミジアや大学などの性感染症にも感染している可能性が高く、約半数以上がそのような性感染症に感染しています。

HIVウイルス感染が進行しエイズ/AIDSが発症した際の症状

HIVウイルスに感染すると急性期(初期症状)を経てキャリア期(症状が全くない無症状の期間)も経てエイズ/AIDSが発症します。

エイズ/AIDSが発症すると?

HIVウイルスに感染してから治療をせずに放置した場合、数年から15年程度経過するとほとんどの感染者は性病エイズを発症します。

これはエイズ指標疾患と言われる23終了4巻のうちどれか1つが発症した時点でエイズ「AIDSが発症したことが確定します。

このエイズ/AIDSが発症すると免疫力が低下しているため、健康な人であれば発症しないような疾患(食道、気管、気管支、肺等のカンジダ症や化膿性細菌感染症、サルモネラ菌血症、カポジ肉腫・原発性脳リンパ腫・非ホジキンリンパ腫等)の発症に襲われることになります。

カポジ肉腫

カポジ肉腫

画像出典元:Wikipedia

カポジ肉腫

画像出典元:MSDマニュアル家庭版

このようなエイズ/AIDSが発症して治療せずにいるとその余命は2~3年です。

エイズ/AIDSが発症してからの治療もある程度功を奏する事もありますが、その効果は発症前(つまりHIV感染者の時期)と比較すると明らかに劣ります!

またエイズ/AIDSが発症してしまうと入院治療が必要になるケースがほとんどです。そのため感染した事を周囲に秘密にしておく事も困難です。

まだエイズ/AIDSが発症しないうちにHIV感染がわかれば最適な治療を受けることも可能です。

現在では、 HIV感染者に対して適切な薬剤の投与を釣ることで、 その平均寿命はHIV感染していない人と変わらないようになってきていますので、生活を変える必要もなく、個人の秘密を守ることができます。

定期的な検査と継続的な薬剤の投与をすることにより、通常の人と変わらない生活が可能になります。

また、HIV感染の早期発見のためにも、その他の性感染症の感染の疑いがある方はHIVにも感染しやすいため、積極的にHIV検査を受ける必要があります。

このHIV検査は匿名でかつ無料で保健所でできます。

もし保健所でHIV検査を受けたいのであれば、お近くの保健所のホームページを参照してください。

保健所での検査は恥ずかしいのであれば有料での検査キットによる検査も可能ですので、そちらもご検討ください。

HIV感染の検査と治療

このHIV検査は日本全国の保健所で匿名で検査受けることができ、費用も無料です。
もちろん、病院などの医療機関でもHIV検査は受けることができますが、この場合には費用がかかります。

HIV検査を受ける適切な時期とタイミングと検査のステップ

具体的な検査の流れ

HIV検査はまず最初にスクリーニング検査というものを実施し、そこで金星であれば「 HIV検査陰性」と判定されます。

そこで陽性になったものは引き続き確認検査を実施して、そこでさらに陽性と判定されれば、 HIV感染となり、陰性であればHIV検査陰性となるのです。

そのためスクリーニング検査の時点で陽性の場合にはHIV感染による(真の陽性)ではなく HIVに感染していないにもかかわらず、非特異反応というものにより陽性反応を示する「偽陽性」も含まれています。その為絶対に確認検査を受ける必要があります。

HIV感染のウィンドウ時期とは

HIVに感染した場合、感染した初期段階では血液検査で陰性となり、 HIVに感染していること自体が検査では判定不能になる時期があります。

この時期のことをHIVのウィンドウ時期「ウィンドウピリオド」といいます。

通常、HIVに感染した場合には3週間から4週間後ぐらいから血液中に抗体が検出されるようになりますので HIVに感染してから4週間以内に血液の抗体検査を受けた場合には実際にHIVウイルス感染していても陰性反応になる場合があります。

積もるHIV検査を受ける適切な時期は、感染した可能性のある子から4週間以上経過してからです。

それ以前にHIV検査をしてもHIV感染確認ができない事があるので注意してください。

HIV検査を受けてることができる場所

HIVの検査を受けることができる場所は前述の通り全国の保健所か、あるいは自治体の施設で性病の検査が行われています。

検査費用も前述の通り原則無料で、ご自分の名前を告げる必要もなく匿名で検査を受けることが可能です。

また検査を行う際も、ある程度他の人と会うことがないように配慮されている場合が多いですが、検査結果の数値については面談によって行われる為、電話や郵送などでの結果通知は禁止されています。

もちろん全国の病院やクリニックなどでも行われていますが、病院の場合は有料で検査費用以外に診察費用もしくははじめて行く病院やクリニックであれば、初診料が必要になります。

性病に関して何らかの症状がすでに表れている場合には検査費用に対して健康保険は適用できることがありますが、何も症状がない場合には健康保険が適用されないこともあります。

病院の場合、健康保険が適用されない自分でHIV検査が出来る「検査キット」を購入するよりも高額になってしまうことが稀にあります。



bgt?aid=211212547842&wid=049&eno=01&mid=s00000021379003008000&mc=1 - HIV感染症とは

0 - HIV感染症とは


bgt?aid=160216615667&wid=039&eno=01&mid=s00000005911001021000&mc=1 - HIV感染症とは

0 - HIV感染症とは


bgt?aid=211212547877&wid=049&eno=01&mid=s00000015485001011000&mc=1 - HIV感染症とは

0 - HIV感染症とは


bgt?aid=160216615637&wid=039&eno=01&mid=s00000001902006042000&mc=1 - HIV感染症とは

0 - HIV感染症とは

また、病院の場合は保健所のように匿名で検査を受けることができません。しかし医療関係者に対しては患者の情報に関する守秘義務がある為、秘密は守られます。

ただし病院の場合にはその病院の中で知り合いに出会う場合があり得ますのでその点には注意してください。