-->

性病情報サイト

あなたは激増する危険な性病の梅毒やエイズ(HIV)でないと言えるか?

「 淋病 」 一覧

梅毒トレポネーマ

世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?

淋病の原因となる淋菌淋病の原因となる淋菌を走査電子顕微鏡で撮影・着色した画像

画像出典元:ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

 

世界的に性感染症専門家が性感染症がコロナ渦でより広まった可能性があると主張?

報道によると、警戒強める専門家たちは性感染症がコロナ渦でよりクラミジアや淋病、梅毒等の性感染症が広まった可能性があるとの事!

梅毒トレポネーマ梅毒トレポネーマ

クラミジア菌
クラミジア菌

淋菌
淋菌

新型コロナ感染症が流行した2020年は新型コロナに感染したくないために多くの人が人と接触することを避けている傾向にあるため、当然性交渉なども避ける傾向があり、クラミジアや淋病、梅毒等の性感染症の減少していると考える人も多いでしょう。

しかし、アメリカでは反対に梅毒などの性感染症が増加している可能性があると性感染症専門家たちは警戒を強めているそうです。

現時点で性感染症に関して最も警戒されていることはいわゆる新型コロナのパンデミックの影響で、クラミジアや淋病、梅毒等のSTD「性感染症」検査が後回しにされていたからだとの事です

このような梅毒に代表する様な性感染症の抑制する方法はSTD「性感染症」検査をすることが最も大切なことの事です。

特にクラミジアや淋病などの性感染症は、たとえ感染してもしばらく全く何の症状もないからです!

アメリカの疾病対策センター(CDC)のデータによれば、 2015年から2019年までの4年間にクラミジアや淋病、梅毒等の性感染症の報告数はすべて毎年30%増加していたとのことです。

ところが2019年から2020年の1年間にクラミジア感染症は約15%減少し、梅毒に関しても約1%減少しているとのこと。

しかし、性感染症の専門家の見解ではこの数字はSTD「性感染症」検査数が減っただけで、実際に性感染症感染者が減少した訳では無いと見ているそうです。

その根拠となるのが2020年の乳幼児の梅毒報告数がなんと2019年を上回っているとことだそうだ!

その他にも(まだデータ収集段階ですが)2021年のデータによると初期のデータによると明らかに淋病の報告数が増加していることがわかっているのです。

それゆえ当然のことながら梅毒やクラミジアなどの性感染症の感染者数も増加している可能性があるという心配があるわけです。

また、その他にもアメリカのペンシルベニア州立大学の研究によると、新型コロナ新規感染者数は全米で増加していた。同時期にはSTD「性感染症」検査数が激減していたというのだ!

そのため、現在は性感染症感染者数が明確に把握できていないという状況であることが何より懸念されていることだそうだ。つまり知らず知らずのうちにクラミジアや淋病、梅毒等の性感染症が広がっている恐れがあるというわけだ!

特にクラミジア感染症の場合はアメリカでは最も報告数が多い性感染症ですが、このクラミジア感染症はたとえ感染しても男性の場合は50% 、女性の場合は80%が 無症状だというのだ!

淋病もクラミジア感染症もどちらの性感染症の症状も早い日本人に痛みを感じることが一般的で、正確で適切な性感染症検査をしないと性感染症ではなく尿路感染症と誤診されがちだとの事です!

引用元:ナショナルジオグラフィック日本版

今後、梅毒・淋病・クラミジア感染症等の感染者の増加が確実!

アメリカにおける診療所や検査機関も最近になってようやく新型コロナのパンデミック前の検査体制に戻りつつあるという。

それゆえ、予約なしに患者者を受け入れる診療所や検査機関も増えているとの事です。

診療所や検査機関は通常の70%から80%の稼働率で対応可能になっているという。

しかし、多くの性感染症の専門家は実際には梅毒などの規制感染症の感染者の状況の事態はもっと深刻になっているのではないかと懸念しているとの事です!

ある感染症の研究所の推計では1020年の3月から2020年の6月までの間に見逃してきた性感染症の症例は15万件を超えると見積もっているのだ!

また梅毒などの性感染症とHIVの検査を実施している研究機関では新型コロナパンデミックが始まった当初は、性感染症の感染者は減少したが、現在はすべての性感染症が増加していると予測しているのだ!

実際に2021年6月に2019年と同じ数のSTD「性感染症」検査を実施した際には、淋病の累積感染者数は2019年の同じ時期に比べて約25%も増加していたというのだ!

また新型コロナのパンデミックの影響のせいで本当の性感染症の増加率を特定するのは難しいという。

梅毒などの性感染症の感染者数の症例が増加したのは2020年に新型コロナのパンデミックの影響のせいで性感染症の検査が出来なかった分が、今になって検査処理されたことが原因なのか、実際に梅毒などの性感染症の感染者が増加したのかはわからないという!

ただし、新型コロナのパンデミックの影響のせいで性感染症の検査が減少したことにより無症状の梅毒などの性感染症感染者を見逃していた事が感染拡大につながったことをほぼ間違いという!

引用元:ナショナルジオグラフィック日本版

上記のようなアメリカの梅毒などの性感染症の現状はアメリカだけのことではなく、日本でも無視できません。
なぜならコロナ渦と収まりつつある今年2022年でも梅毒感染者数は増加の一途を辿っているからです!
上述のアメリカの状況鑑みると、その原因は日本国内だけにあるとは考えられません。
特に隣国の中国などは、梅毒などの性感染症に対する考えが甘いと言われています。

そんな中国ではアメリカ以上に梅毒などの性感染症の感染者が激増していると考えられます。
特に関西圏その中でも大阪では中国人はかなり増加していますので中国人女性による風俗店などもかなり多く、
彼女らは前述のような性感染症に対しての考えが甘くSTD「性感染症」検査を受診している可能性はかなり高いと思われます。

またそんな風俗店の中国人女性は日本人女性とあまり見分けがつかないため軽快を怠ってそんな風俗嬢と接触(性交渉だけではなく、オーラルセックスやキスだけでも)すれば梅毒などの性感染症、感染してしまいます!

もしそんな風俗嬢と遊んだ身に覚えのある方は早急にSTD「性感染症」検査を受けるべきでしょう。

以下は主要なSTD(性感染症)検査キットです


bgt?aid=211212547842&wid=049&eno=01&mid=s00000021379003008000&mc=1 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?

0 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


bgt?aid=160216615667&wid=039&eno=01&mid=s00000005911001021000&mc=1 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


0 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


bgt?aid=211212547877&wid=049&eno=01&mid=s00000015485001011000&mc=1 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?

0 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


bgt?aid=160216615637&wid=039&eno=01&mid=s00000001902006042000&mc=1 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


0 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?

淋病とは

淋病の概要

淋病の症状は女性の場合、子宮頚管炎もしくは骨盤内炎症性疾患あるいは尿道炎が多いようです。

この淋病は主に膣セックスやクンニリングスによって感染します。子宮頸管炎その場合には帯下の増量や不正出血という症状が現れます。ただし無症状の人が非常に多いです。

子宮頸管炎

子宮頸管炎

画像出典元:MSDマニュアル プロフェッショナル版

また、尿道炎では廃業するときには痛みを感じます。この淋病は咽頭や直腸などにも感染しますが、症状はほとんどありません。

性器に感染した淋菌が目に入ったりすると結膜炎になります。そのためセックスした後にコンタクトレンズを装着する際には手をよく洗浄してから装着した方がよいでしょう。

この淋病に感染して病院に行くと検査を行ってくれ抗生物質のロセフィンあるいはケニセフもしくはトロビシンの筋肉注射をしてくれます。また淋菌には耐性菌が多いため、治療法も必ず再検査をすることになります。

また淋病の20%から30%は性器クラミジア感染症と合併しています。そのため性器クラミジア感染症の検査も同時に行うことが多いです。

予防するためには性器クラミジア感染症ると同様にセックスする際はコンドームを活用するとよいでしょう。

コンドーム

淋病の原因

淋病の淋菌は非常に弱い菌として知られており、感染した粘膜から離れると数時間で死滅すると言われています。この淋菌に感染している部分との粘膜との接触や人間の分泌物との接触によって女性の場合には子宮頸管に、男性の場合には尿道に感染します。

感染経路

この淋病の淋菌は弱い菌なのですが、感染率が高いことで知られています。そのため、セックスをしなくても感染するのではないかという心配される方も多くいらっしゃいます。

しかし、実際には通常のキスやお風呂などでは感染することはないと言われています。レアケースな感染を防止するためにも感染経路については知っておいた方が良いでしょう。

セックスによる感染

前述のように淋病の感染原因はセックスやオーラルセックスおよびクンニリングスです。この淋病の淋菌は尿道や子宮頚管長ではなく、等々への接触や目への分泌物の接触でも感染します。

セックス

1回のセックスにおけるこの淋菌の感染率はおおむね30%と高いため誰にでも感染する可能性のある性感染症です。

淋病の症状

淋病が感染してから症状が出るまでの期間は概ね2日から1週間です。
また、性感染症検査ができるまでの期間としては無症状で検査できるまでの期間としては約1週間です。

また、具体的症状は男性と女性とでは全く違います。

男男性の場合には激しい痛みや陰茎全体が腫れあがるほどの症状が出るケースもあります。

ただし女性の場合には症状はほとんど出ないことがほとんどです。そのため感染したことに気づかずに他の男性パートナーに再観戦させてしまうことが多々あります。

淋病の症状

淋病の症状

画像出典元:Wikipedia

 

治療せず放置は厳禁!

前述のように淋病は病原菌は弱い。けれども感染力が強く誰にでも感染する可能性が高い反面、厄介なことに自覚症状がない病気です。

そのため、誰でも家では感染する大したことない感染症と考えてしまい、ろくに治療もせずに放って置いてしまう人も少なくありません。

しかしこの淋病という性感染症は放置しておくと重症化して女性の場合、子宮内膜症や腹膜炎、男性の場合、前立腺炎や精巣上体炎のようなより深刻な疾患になる可能性がある危険な感染症です。

精巣上体炎

精巣上体炎

画像出典元:画像診断まとめ

 

 

 

また子宮内膜症や精巣上体炎のような疾患になると不妊症になったり無精子症になる可能性も非常に高いです。
そのためあなたが淋病と思われる症状が出た場合やあなたのパートナーはこの淋病に感染した場合には必ず医療機関で検査をしてもらい医師による診断を受けるべきです。

また、たとえ自覚症状がない人もこの淋病と性感染症は誰にでも感染する可能性がある病気であり、また症状がないことも多いということを認識して、日ごろから医療機関で検査してもらうことも大切です。

女性へのリスク

女性は淋病に感染して放置すると次のような疾患の重症化リスクがあります。

  • 子宮内膜症の重症化リスク
  • 骨盤内感染症(卵管炎)の重症化リスク
  • 腹膜炎の重症化リスク
  • 重度の不妊症になるリスク

不妊治療

また淋病に感染したもの。出産してしまうと淋病は産道に感染する事で生まれてきた新生児までも淋菌性結膜炎を発症する可能性が非常に高くなりますので日ごろから検査をすることが重要です。

男性へのリスク

男性は淋病に感染して放置すると尿道内に病原菌が上部まで広がり前述にも記載しました通り前立腺炎や精巣上体炎も発症するリスクが非常に高まります。

また精巣上体炎を発症すると歩くのが難しいほど強烈な痛みに襲われ、発熱や全身の震え、あるいは白血球増多症といったような全身性の印象に発展する可能性があります。

精巣上体炎

精巣上体炎

また、両側の精巣上体炎を発症すると淋病の治療した後も無精子症を引き起こす可能性が非常に高く不妊症の要因になることも十分にあります。

淋病のまとめ

淋病は前述のようにその病原菌は弱い者の感染力が強いため誰にでも感染しさらに無症状であることが多いため。自覚症状がないことから、大丈夫だろうと安心して放置してしまいがちです。

しかしこの淋病を放置すると上述のようなより重篤な疾患になる可能性があるため、セックスをする際には十分に注意する必要があります。

同時に日ごろから誰でも匿名で簡単にチェックできる性感染症検査キットなどで検査をする必要がある危険な感染症であることを理解しておきましょう。

0 - 淋病とは
bgt?aid=170903024456&wid=039&eno=01&mid=s00000017401001007000&mc=1 - 淋病とは

0 - 淋病とは