-->

性病情報サイト

あなたは激増する危険な性病の梅毒やエイズ(HIV)でないと言えるか?

「 性病/性感染症の原因と症状と治療法 」 一覧

HIV検査の経過と現状

現在新型コロナ感染症のオミクロン株は海外から持ち込まれることが危惧されています。しかし実際には新型コロナのオミクロン株沢はありません。 HIV/エイズも同様に危ぐされているのです。

なぜなら日本のHIVの感染者数は2018年時点でHIV感染者が20,836人でエイズ患者9,313人でHIV感染者とエイズ患者を合計するとなんと3万人を超えているのです!

つまり、1億2,000万人/3万人=4,000となるのです!

       ↓
4,000人に1人がHIV/エイズ感染者ということになるのです!

この中で2018年の新規感染者はHIV感染者は940人でエイズ患者が377人で合計1,317人で2017年の前年よりは若干減少しています。

しかしこれまでの増加傾向を考慮するとまだまだ予断は許されないという恐ろしい状況にあるのです!

HIV感染者及びAIDS患者(1985年~2020年)累積報告数グラフ

画像出典元:国立感染症研究所

 

これまでの経過について

検査体制の強化経過

保健所におけるHIV検査は1987年時点では有料のHIV-1抗体検査としてスタートし、 1993年4月から検査は無料化されたのです。また、来日した外国人の1人からHIV-2感染が報告されたことにより 1993年8月からHIV-2抗体検査も加わりました。

当初は日本でも国民がHIV感染に関する関心が非常に高く、またメディアなどの報道によって保健所における検査数は 1992年には13万件を超えたのです。

しかしその後国民のHIV感染に対する関心が希薄になると同時に検査数減少し、1997年には4万6,000件程度まで落ち込んだのです。

しかしエイズ動向委員会でのHIV/エイズの感染の報告数は増加し続け、保健所における検査結果の感染者数も増加し続けたのです。

また、その一方で献血血液におけるHIV抗体の陽性数率は年々増加の一途をたどり、 1999年には献血血液のHIV抗体検査をすり抜け、 HIV感染のウィンドウ期にある血液の輸血によるHIV感染が発覚したのです。

そのためその年の10月からは献血血液のHIV抗体陰性のすべての血液において核酸増幅検査、いわゆるNATが導入されたのです。


このような経緯の中で保健所でのHIV検査検査体制の強化が重要な課題となり、 2000年には厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業においてHIV検査体制の研究班が立ち上げられました。

その結果、保健所で平日に実施されるHIV検査の他にも、夜間検査の受付及び土日の特設検査所の開設及び増設への地方自治体への協力を要請したのです。

そして即日検査体制の検討および導入を順次実施していったのです。

また、これらの検査情報を提供するホームページを2001年に立ち上げたのです。

その結果 2003年以降の即日検査導入の効果は非常に大きく、検査数およびその結果のHIV陽性数ともに著しく増加し 2008年には検査数は17万件を超え検査結果のHIV陽性数も501件と2002年と比較しても2.9倍まで増加したのです。

しかし 2009年には新型インフルエンザの大流行の影響を受けてしまい、検査数は大幅に減少してしまい、再び流行が始まった2010年も検査数は13万件まで減少し、その後も同レベルの検査数で推移しています。

しかしながら、 2010年の検査結果のHIV陽性数は473件と2008年と比べても5.6%減少したに過ぎず、それにもかかわらず、 HIV検査結果の陽性率は0.28%から0.36%まで増加していたのです。

さらに保健所のHIV検査での陽性数は2000年以前までは新規の感染報告数は20%程度に過ぎなかったにもかかわらず、検査体制の強化および改善と共にその報告数は年を追うごとに増加し続け、 2012年には47%にもなったのです。

この年の検査数は減少しているにもかかわらず、その補足率は上昇しており、結果として保健所のHIV検査体制は一定の成果をあげていることが分かりました。

2008年から2012年の5年間について考察してみる、保健所検査における陽性率は0.22%から0.27%であり、陽性反応を経験したことのある保健所は23%から25%で本人に陽性結果を伝えることができた確率は89%から95% だったのです。

またその後、医療機関での受診を把握できた確率は67%から75%で、陰性の結果については、毎年98%に伝えられていることが分かりました。

また、特設数施設数は2011年までは17カ所から19カ所でしたが 2012年には25カ所に増加したのです。

その回収率は84%から100%で、その中のHIV陽性反応経験施設は82%から100%であり、その後の医療機関への自信を把握できた確率も72%から82%もあり、いずれも保健所よりも高い確率であることがわかりました。

特にHIV陽性反応率は保健所よりも2.6倍も高く、これらの特設数施設はHIV感染リスクの高い集団が利用していると考えられるのです。

献血HIV陽性率増加

献血件数自体は毎年減少傾向にあるのですが、献血によって見つかるHIV陽性患者数は2005年を除き、毎年増加の一途をたどっているのです。

日本赤十字社の調べによると、2007年に献血された血液の中でHIV陽性であった血液が102件と初めて100件を超えてしまい、 10万件当たりの陽性数が2,065件となり、初の2,000件台となったことがわかりました。

その原因は感染者数の増加に加え、検査目的の献血が増加している事が原因と考えられます。
HIV陽性数の25%に当たる26件が大阪府内の献血血液から発見されたことも明らかになり、大阪におけるHIV検査体制のさらなる充実が急務となっています。

さらに注目すべき事は陽性数102件のうち6件が抗体検査では陰性でNATでのみ HIVの存在が確認された感染初期のパターンであったことです。

献血された血液の検査にNATが導入されて以来、毎年1件から3件程度のHIV陽性がNATにより発見されていましたが2007年に6件という急激な増加はあったことから今後はさらに多くの感染初期の人が献血に訪れる可能性を示唆しているため、大変憂慮すべき事態になっていると考えられます。

NATは非常に感度が高い検査方法ですが、ウィンドウ期においてはごくわずかのHIVウイルスが検査をすり抜けてしまう可能性はゼロではありません。

そのため日赤では、輸血によるHIV感染を防止するために献血をHIV検査に利用しないように呼びかけているのです。私たちも保健所などの公的検査機関で無料・匿名のHIV検査を受けるようにしなければならないと考えられます。

ウィンドウ期とは

HIV検査はHIVに感染することにより、人間の体内で生成される抗体の数を調べる検査であるため、抗体の数が十分に増えていない状態で、 HIV検査をしても、抗体を検出できずに陰性になってしまう可能性が高いのです。

HIV検査はウィンドウ期を避けよう

V検査を受ける場合には、 HIV感染のウィンドウ期を避ける必要があります。

HIVに感染したと思われる。また、感染した心当たりのある人から約3ヶ月までをHIV感染のウィンドウ期を読んでいて、なるべくこのウィンドウ期以降にHIV検査を受けることを推奨されています。

なぜなら、前述のように仮にHIVに感染していたとしてもこのウィンドウ期には、まだ抗体の数が少なくて検査をしても陰性になってしまう可能性があるためです。

たとえウィンドウ期でも充分な数の抗体が体の中にできていれば陽性になりますので、

その場合は「アウト」になります。

実際にはHIVに感染したかもしれないと不安になった人は多くの場合、ウィンドウ期を過ぎるのを待ちきれずに検査を受けに行く可能性が高いのです。

HIVに感染してから4ヶ月。以前ならほとんどの場合、院生になってしまいますが 1ヶ月から2ヶ月程度経過していれば、個人差はありますが検査結果は陰性でもその結果をある程度信頼できる目安にはなります。、

しかしそれでもその検査結果は完全に信用できるものではありません。

そのため、結局3ヶ月以降にもう一度HIV検査の再検査をする必要があるのです。

HIV検査の偽陽性とは

実際にはHIVに感染していない(つまり確認検査でも陰性になる事)にもかかわらず、スクリーニング検査で陽性判定が出てしまうことを偽陽性と呼んでいます。

HIVに感染していないのに、 HIV検査で陽性判定が出てしまうと非常に困るのですが、これには訳があります。実はスクリーニング検査は非常に高感度の試験であるため、少しでも怪しければすべて陽性と判定してしまうのです。

逆に言えば、このHIV検査のスクリーニング検査をパスすれば絶対にHIVには感染していないと確定できるのです。

この偽陽性の発生確率は100人に1人、つまり1%と低いため、仮に偽陽性であっても確認検査さえすれば、本当に陽性かどうかはわかるので大丈夫なのです。

この偽陽性については保健所でHIV検査を受けるときに必ず説明してくれます。

そのため、HIV検査のスクリーニング検査で陽性反応だったからと言って、

それだけでHIV感染していると決めつけずに、必ず確認HIV検査まで受けるようにしてください。

HIV検査のタイミング

HIV検査はあなたがHIV検査を受けたいと思ってもいつでも受けることができる訳ではありません。

HIV検査を受ける事ができる時期には制約があるのです。HIV検査は適切な時期で検査を受けないと感染を特定できないのです。

HIV検査は感染3ヶ月後に受けること!

保健所などで実施されているHIV検査では、 HIV感染の可能性のあった日から3ヶ月(12週)以上経過してから検査を受けるようにという案内があります。

これは、前述のようにHIV感染によって人間の体内につくられる抗体がすぐにできず、個人差も考慮した場合、概ね3ヶ月くらいな期間が必要なためです。


従って、もしあなたがHIVに感染したかもしれないと状況になってしまいすぐにでもHIV検査を受けたい思っても 3ヶ月経過するまで待つ必要があるのです。

しかし、それは保健所で確実なHIV検査の検査結果を欲しいという場合であり、保健所以外の検査機関を使ったり、検査結果が100%確実でなくても良いという条件付きであれば 3ヶ月待たなくてもHIV検査を受けることが可能です。

それではHIV検査の種類を説明しながら検査を受けるタイミングについて詳しく説明していきましょう。

感染から10日以内にHIV検査を受けても無駄!

あなたがHIV感染したかもしれないと思われる日から10日以内の場合、残念ながら今の技術では HIV感染したかどうかを検査できる方法はありません。

例えばあなたは今日、風俗に遊びに行ってコンドームなしでセックスをして HIV感染の不安にかられても、明日HIV感染を調べるHIV検査方法はないのです。

性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症の感染の概要

性器クラミジア感染症は性病/性感染症の中でも女性が感染する最も多い感染症で、感染すると子宮頸炎や骨盤内炎症性疾患を発症することが多くこのクラミジア菌は膣性交やクンニリングス、素股セックスなどで感染し、感染後は1週間から3週間で発症します。

性器クラミジア感染症で発症する女性の子宮頸炎の症状は帯下増量感や不正出血、下腹痛、性交痛などの症状がありますが、ほとんどの女性は無症状なのです。

素敵クラミジア感染症に感染しているにもかかわらず無症状の女性は自分では気づかずに男性のパートナーに二次感染させてしまいます。

骨盤内炎症性疾患を発症した場合には、強烈な腹痛が起こることがあります。この骨盤内炎症性疾患を放置しておくと不妊症になってしまうこともありえます。

そのため、そのような強烈な腹痛が起こったら骨盤内炎症性疾患が発症している可能性があるので、できるだけ早めに産婦人科第二診断してもらい治療してもらいましょう。

また咽頭感染しても症状がほとんど出ないことが多いです。またその女性が男性の性器にフェラチオをした場合には男性にも感染します。

しかし感染してしまった場合には性器を洗浄したりイソジンなどでうがいなどをしても感染を完全に予防することは不可能です!

ただし、感染を予防することができます。ベストな方法ではありませんが、男性にコンドームをつけてもらうことです。

この性器クラミジア感染症に感染した場合に医者にし医者に治療してもらうと性器クラミジア感染症の治療で最も多く使われている抗生剤のジスロマックもしくはヒブラマイシンが処方されるでしょう。

ジスロマック錠250mg

ジスロマック錠250mg

画像出典元:QLifeお薬検索

ただし、治療は不完全であることのありえるので治療した後には2週間から3週間ほどした後に再検査をして完治しているかどうかを確認すべきでしょう

性器クラミジアの感染ルートと症状

クラミジア菌は粘膜に接触することにより感染するため喉に感染することもありえます。このようにノートに感染するクラミジア感染症を咽頭クラミジアと呼ばれています。

これはオーラルセックスをした場合に感染する可能性が非常に高いです。その他にも性器から喉に感染させる場合も充分にありえます。

オーラルセックス

オーラルセックス

画像出典元:ラブコスメ

ただしキスやお酒の飲み回しなどで接触で観戦することは非常にレアケースですが確率はゼロ、つまりゼロリスクでは無い事は覚えておきましょう。

また唾液による感染についてはゼロという事は確証することはできませんが学会の論文での感染報告は出ていません

性器クラミジア感染症に感染した際の症状

性器クラミジア感染症の性病に感染した際の潜伏期間は1週間から3週間とされているようです。
しかし、その半数は症状がないとも言われています。そのため、そのまま他の人に二次感染させている可能性が高いのです

女性の場合の症状

女性の場合、クラミジア感染症に完成した際には、まず死の入り口にある子宮けい子宮という部分に症状が発症します。例えばおりもの増加や不正出血、下腹部の痛みといったような症状が出ます。

ただし、女性の場合には男性に比べて症状が軽いケースが多いです。症状が軽いために放置してしまいがちですが、放置することによる後遺症は男性よりも深刻であると言われています

女性の場合例えば卵管炎や骨盤腹膜炎といったような炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

これらの病気は不妊症や子宮外妊娠の原因になるのです!

子宮外妊娠を告げられたとき・・・

子宮外妊娠を告げられたとき・・

画像出典元:ふたごむすめっこ×すえむすめっこ Powered by ライブドアブログ

それ以外にも出産した赤ちゃんにもクラミジア感染症を二次感染させてしまう可能性があります!

また男性と同様にこのクラミジア感染症以外の感染症にも感染してしまうリスクも高くなります。

男性の場合の症状

性病のクラミジア感染症に感染した男性の場合には、その尿道に炎症が起こるのが特徴です。

具体的には、尿道のかゆみや排尿時の痛み、また尿道から膿みが出たりそれ以外にも精巣上体に浮腫ができたりして、発熱するケースもあります。

これらの症状は同じ性感染症の淋病の症状にも似ています。

しかし、症状は大したことがないということで放置しておくと、病原菌が前立腺や精巣にまで入り込み前立腺炎や精巣上体炎何度か発症し、その結果として、男性不妊症にななる場合も10分あります。

またペニスの粘膜が炎症症症を起こした状態で性交渉などを続けていると、 HIVや他の性感染症に感染するリスクが非常に高まります!

その他にも直腸に感染した場合には・・肛門周辺の痛みや出血や直腸の粘膜をボコボコになったり目に感染した場合には、充血や目やにおよび瞼の腫れなどの症状が発症するケースもあります。

性器クラミジア感染症の原因

性器クラミジア感染症に感染する主な原因はそそのほとんどはセックスです。その中にはオーラルセックスやアナルセックスなども含まれます。

また、クラミジア菌は粘膜から粘膜へと感染するので性器だけではなく喉などの機関が接触することによっててもそれが感染経路になるのです。

1回のセックスで感染する確率はなんと30%から50%と言われています!

ただし、唾液での感染確率は低いため、基本的にはセックス以外での接触や公共機関等での感染はほぼ心配しなくて良いです。

ただしクラミジア菌がついた体液で目をこすったりすると目に感染したり、母子感染すると言うセックス行く以外での感染経路もありえます。

性器クラミジア菌の検査方法

性器クラミジア感染症検査方法としては簡単に検査可能なものから精密検査まで様々な検査方法があります。

まず抗原検査ですがこれを感染の機会があってから約24時間後に検査可能になります。この抗原検査の最大のメリットは検査が手軽に行えるという点です。

また、この抗原検査は即日結果が出てる簡易検査から精密検査そして即日の精密検査などに分類できます。即日簡易検査の場合はすでに症状が出ている人にお勧めの抗原検査方法です。

具体的検査方法は男性の場合は尿を採取で、女性の場合は失分泌液を採取もしくは咽頭クラミジアの場合にはうがいで採取することになります。ただし、女性の場合生理中は検索が出来ない事はしておきましょう。

次にに抗体検査ですが、この抗体検査は血液採取しての検査となります。この抗体検査は感染の機会があってから4週間も経過してからしか検査することはできません。

ただ、この抗体検査の場合には過去に治療を。官僚した性感染症があっても陽性となりますので現時点で感染しているか否かを判断することできないという短所があります。また粘膜ではなく血液検査であるため性器の感染か咽頭の感染かを特定することはできません。

そのようなことからクラミジア検査に抗体検査を採用していないところもあります。


いずれにしても、最近ではSTD(性感染症)検査キットを郵送して結果も匿名で郵送でお知らせを実施してくれるところもあります。

それゆえ身に覚えのある方は、早速、そのような検査キットを購入して実施してみましょう。

とはいえ、

性病専門クリニックや病院で性病の診察を受けるのがはばかられてるような人もおられるでしょう

最近では様々な検査機関が郵送によるSTD「性感染症(性病)」検査キットを提供しています。

そのようなSTD「性病/性感染症」検査キットには以下のようなものがありますので紹介しておきます。

最近のSTD「性病/性感染症」検査キットは完全に匿名を守っています。

例えば検査キットや検査結果がが郵送される時も郵便局留めにできたりします。
また、それだけでなく外装や送り状などから、その内容が分からないような梱包状態になっているのでご家族にもバレることはありません。

そのため完全に匿名を守れます、ぜひあなたも安心してSTD「性病/性感染症」検査キットで簡単に検査をすることができますので、ぜひ検査をしてみましょう

 



bgt?aid=211212547842&wid=049&eno=01&mid=s00000021379003008000&mc=1 - 性器クラミジア感染症

0 - 性器クラミジア感染症


bgt?aid=160216615667&wid=039&eno=01&mid=s00000005911001021000&mc=1 - 性器クラミジア感染症

0 - 性器クラミジア感染症


bgt?aid=211212547877&wid=049&eno=01&mid=s00000015485001011000&mc=1 - 性器クラミジア感染症

0 - 性器クラミジア感染症


bgt?aid=160216615637&wid=039&eno=01&mid=s00000001902006042000&mc=1 - 性器クラミジア感染症

0 - 性器クラミジア感染症

淋病とは

淋病の概要

淋病の症状は女性の場合、子宮頚管炎もしくは骨盤内炎症性疾患あるいは尿道炎が多いようです。

この淋病は主に膣セックスやクンニリングスによって感染します。子宮頸管炎その場合には帯下の増量や不正出血という症状が現れます。ただし無症状の人が非常に多いです。

子宮頸管炎

子宮頸管炎

画像出典元:MSDマニュアル プロフェッショナル版

また、尿道炎では廃業するときには痛みを感じます。この淋病は咽頭や直腸などにも感染しますが、症状はほとんどありません。

性器に感染した淋菌が目に入ったりすると結膜炎になります。そのためセックスした後にコンタクトレンズを装着する際には手をよく洗浄してから装着した方がよいでしょう。

この淋病に感染して病院に行くと検査を行ってくれ抗生物質のロセフィンあるいはケニセフもしくはトロビシンの筋肉注射をしてくれます。また淋菌には耐性菌が多いため、治療法も必ず再検査をすることになります。

また淋病の20%から30%は性器クラミジア感染症と合併しています。そのため性器クラミジア感染症の検査も同時に行うことが多いです。

予防するためには性器クラミジア感染症ると同様にセックスする際はコンドームを活用するとよいでしょう。

コンドーム

淋病の原因

淋病の淋菌は非常に弱い菌として知られており、感染した粘膜から離れると数時間で死滅すると言われています。この淋菌に感染している部分との粘膜との接触や人間の分泌物との接触によって女性の場合には子宮頸管に、男性の場合には尿道に感染します。

感染経路

この淋病の淋菌は弱い菌なのですが、感染率が高いことで知られています。そのため、セックスをしなくても感染するのではないかという心配される方も多くいらっしゃいます。

しかし、実際には通常のキスやお風呂などでは感染することはないと言われています。レアケースな感染を防止するためにも感染経路については知っておいた方が良いでしょう。

セックスによる感染

前述のように淋病の感染原因はセックスやオーラルセックスおよびクンニリングスです。この淋病の淋菌は尿道や子宮頚管長ではなく、等々への接触や目への分泌物の接触でも感染します。

セックス

1回のセックスにおけるこの淋菌の感染率はおおむね30%と高いため誰にでも感染する可能性のある性感染症です。

淋病の症状

淋病が感染してから症状が出るまでの期間は概ね2日から1週間です。
また、性感染症検査ができるまでの期間としては無症状で検査できるまでの期間としては約1週間です。

また、具体的症状は男性と女性とでは全く違います。

男男性の場合には激しい痛みや陰茎全体が腫れあがるほどの症状が出るケースもあります。

ただし女性の場合には症状はほとんど出ないことがほとんどです。そのため感染したことに気づかずに他の男性パートナーに再観戦させてしまうことが多々あります。

淋病の症状

淋病の症状

画像出典元:Wikipedia

 

治療せず放置は厳禁!

前述のように淋病は病原菌は弱い。けれども感染力が強く誰にでも感染する可能性が高い反面、厄介なことに自覚症状がない病気です。

そのため、誰でも家では感染する大したことない感染症と考えてしまい、ろくに治療もせずに放って置いてしまう人も少なくありません。

しかしこの淋病という性感染症は放置しておくと重症化して女性の場合、子宮内膜症や腹膜炎、男性の場合、前立腺炎や精巣上体炎のようなより深刻な疾患になる可能性がある危険な感染症です。

精巣上体炎

精巣上体炎

画像出典元:画像診断まとめ

 

 

 

また子宮内膜症や精巣上体炎のような疾患になると不妊症になったり無精子症になる可能性も非常に高いです。
そのためあなたが淋病と思われる症状が出た場合やあなたのパートナーはこの淋病に感染した場合には必ず医療機関で検査をしてもらい医師による診断を受けるべきです。

また、たとえ自覚症状がない人もこの淋病と性感染症は誰にでも感染する可能性がある病気であり、また症状がないことも多いということを認識して、日ごろから医療機関で検査してもらうことも大切です。

女性へのリスク

女性は淋病に感染して放置すると次のような疾患の重症化リスクがあります。

  • 子宮内膜症の重症化リスク
  • 骨盤内感染症(卵管炎)の重症化リスク
  • 腹膜炎の重症化リスク
  • 重度の不妊症になるリスク

不妊治療

また淋病に感染したもの。出産してしまうと淋病は産道に感染する事で生まれてきた新生児までも淋菌性結膜炎を発症する可能性が非常に高くなりますので日ごろから検査をすることが重要です。

男性へのリスク

男性は淋病に感染して放置すると尿道内に病原菌が上部まで広がり前述にも記載しました通り前立腺炎や精巣上体炎も発症するリスクが非常に高まります。

また精巣上体炎を発症すると歩くのが難しいほど強烈な痛みに襲われ、発熱や全身の震え、あるいは白血球増多症といったような全身性の印象に発展する可能性があります。

精巣上体炎

精巣上体炎

また、両側の精巣上体炎を発症すると淋病の治療した後も無精子症を引き起こす可能性が非常に高く不妊症の要因になることも十分にあります。

淋病のまとめ

淋病は前述のようにその病原菌は弱い者の感染力が強いため誰にでも感染しさらに無症状であることが多いため。自覚症状がないことから、大丈夫だろうと安心して放置してしまいがちです。

しかしこの淋病を放置すると上述のようなより重篤な疾患になる可能性があるため、セックスをする際には十分に注意する必要があります。

同時に日ごろから誰でも匿名で簡単にチェックできる性感染症検査キットなどで検査をする必要がある危険な感染症であることを理解しておきましょう。

0 - 淋病とは
bgt?aid=170903024456&wid=039&eno=01&mid=s00000017401001007000&mc=1 - 淋病とは

0 - 淋病とは

梅毒に感染した人の症状の写真

梅毒の初期症状

初期硬結

梅毒の初期症状である初期硬結は感染した場所に小豆か小指くらいの先の凝りができます。これの硬さは軟骨程度で凝りの中心部は硬く盛り上がってきます。

この初期硬結は痛みを感じる場合と、痛みを感じない場合があり、 ニキビと間違ってしまうことがあります。

男性の性器にできた場合は、以下のような写真になります

ペニスにできた初期硬結

ペニスの初期硬結

画像出典元:たに泌尿器科クリニック

xxx

第2期 9週間~3ヵ月:バラ疹・粘膜疹・粘膜疹

梅毒に感染してから約9週間目位から3ヶ月目くらいの第2期 にはバラ疹というンドウ豆大の薄い紅斑が体幹部に多数発生します。

バラ疹

バラ疹

画像出典元:アモーレクリニック

バラ疹

画像出典元:国立国際医療研究センター

 

 

バラ疹

画像出典元:All About(オールアバウト)

xxx

第3期 3年~10年(晩期梅毒):ゴム腫

梅毒に感染してから3年以上経過した状態を第3期梅毒といいます。第3期梅毒に進行すると第11第2期とは違う症状が出てきます。皮膚だけではなく、骨や筋肉、肝臓や腎臓、その他様々な臓器にも硬いしこりやゴム腫「ゴムのような腫瘍」ができてきます。 鼻骨の周辺にこのゴム腫ができると鞍鼻といわれ、鼻が欠損してしまうことがあります! 。これがよく言われる梅毒に感染すると鼻が落ちるというものでしょう。

鼻のゴム腫(鞍鼻)と他の部位にできたゴム腫

鼻にできたゴム腫(鞍鼻)

画像出典元:一般社団法人 安佐医師会

 

第4期感染後から概ね10年以上経過:神経障害 大動脈瘤形成 大動脈破裂

梅毒に感染してから概ね10年以上経過すると、第4期と呼ばれる末期症状になります。この段階になると心臓血管系や中枢神経系統が侵され大動脈瘤ができたり大動脈破裂および神経障害といった症状が出て、最終的には死に至ります。

末期梅毒で損傷したヒトの頭蓋骨

晩期梅毒で損傷したヒトの頭蓋骨

画像出典元:Wikipedia

HIV感染症

HIV感染症とは

まずHIV感染症とエイズ/AIDSは別物です。
HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)の頭文字をとった略号でヒト免疫不全ウイルスのことです。

そのため、 HIV感染症は単にHIVウイルスに感染した状態の事をHIV感染症といいます。

このエイズの発症の原因となるウイルスであるHIV感染者数は2020年現在、世界で約3,700万人いるとされています。

また超大国である隣国の中国人口の多いインドや太平洋地域では約1,000万に近いHIV感染者や患者が差別や偏見などと闘っています。

ここの世界的規模での感染症は1981年にアメリカで報告されたのは初めてで、歴史的には短い感染症なのです。

その後、多くの研究者によって米HIV感染症の疾患がレトロウイルス感染症であることが突き止められ、感染経路や胴体などが明らかにされました。

レトロウイルスとはRNAウイルスのことです。

急性期(初期症状)

エイズ/AIDSは

Acquired ImmunoDeficiency Syndrome(後天性免疫不全症候群)のことでHIVウイルスに感染し、免疫力が低下することによりエイズ/AIDSの発症の基準とされる23種類の病気が発症した場合にのみエイズ/AIDSと診断されます。

そのため、HIV感染症つまり HIVウイルスに感染しただけではエイズ/AIDSになったとは言いません。

HIV感染症の感染経路

ではHIVウィルスはどうやって感染するのでしょうか?

HIVウィルスの感染源となるのは、精液や膣分泌液、血液および母乳などです。

主なHIVウイルスの感染経路はセックスによる感染もしくは血液を介した感染、

そして母子感染の3種類に分けられます。

1.セックスによる感染

セックスによる感染はHIVウィルスの感染経路として最も多い感染経路です。
HIVウイルスを含む精液および膣分泌液等がセックスによって相手の性器や肛門などの粘膜や傷口から体内にHIVウイルスが侵入し感染します。

2.血液を媒介した感染

例えば、覚せい剤などの静脈注射の回し打ちなどを注射器でする際等の注射器具の共有により、HIVウイルスが感染します。

ただし、日本では献血された血液はその後のHIV検査で安全性が確保されてます。それでも現在の検査技術水準でやっても極めてレアケースですが輸血用血液からのHIVウイルスの感染の可能性は100%は防止できません。

また現在の献血由来の血液凝固因子製剤の場合しっかりと加熱処理されているため現在の血液凝固因子製剤でHIVウイルスに感染することはないです。

3.母子感染

母親がHIVウイルスに感染している際は妊娠中や出産する際にHIVウイルスがその子供に感染する可能性があるのです。

また母親の母乳の中にもHIVウィルスが存在しているため、授乳によっても子供にHIVウイルスが感染する可能性があります。

また、日本ではあらかじめ母親にHIVウイルスに対する抗ウイルス薬を内服してもらうことや母母乳を子供に与えないなどの対策により、子供に対するHIVウイルス感染を約0.4%まで抑えています。

HIV感染からエイズ/AIDSが発症するまで

急性期(初期症状)

HIVウイルスに感染したからといってすぐにエイズ/AIDSが発症するわけではありません。

まず人間はHIVウイルスに感染すると、感染したあと3週間目から4週間目くらいが間にHIVウイルスは急激に体内で増殖を始めます。

その結果CD4陽性リンパ球が破壊されます。この期間には発熱やのどの痛み、だるさ・下痢などの風邪やインフルエンザと似たような症状が発症し、筋肉痛や湿疹などが出るケースもあります。

いずれの症状も通常は数日から数週間で焼失してしまいます。

キャリア期(HIVウィルスキャリアとなる時期)

HIVウィルスに感染して急性期を過ぎると次には症状が全くない期間が数年から10年以上続きます。
この期間のことをキャリア期(HIVウィルスキャリアとなる時期)といいます。

このキャリア期(には個人差が大きくあります。例えば15年経過しても症状が全く出ないHIV感染者もいれば、最近ではHIVウイルスに感染してから2年程度でエイズ/AIDSを発症する人も少なくありません。

このキャリア期はたとえ全く症状が出なくても身体内にはHIVウィルスが存在し増殖し続けておりCD4陽性リンパ球の数が低下していることで免疫力が徐々に低下します。


またHIVウイルスに感染していると同時にクラミジアや大学などの性感染症にも感染している可能性が高く、約半数以上がそのような性感染症に感染しています。

HIVウイルス感染が進行しエイズ/AIDSが発症した際の症状

HIVウイルスに感染すると急性期(初期症状)を経てキャリア期(症状が全くない無症状の期間)も経てエイズ/AIDSが発症します。

エイズ/AIDSが発症すると?

HIVウイルスに感染してから治療をせずに放置した場合、数年から15年程度経過するとほとんどの感染者は性病エイズを発症します。

これはエイズ指標疾患と言われる23終了4巻のうちどれか1つが発症した時点でエイズ「AIDSが発症したことが確定します。

このエイズ/AIDSが発症すると免疫力が低下しているため、健康な人であれば発症しないような疾患(食道、気管、気管支、肺等のカンジダ症や化膿性細菌感染症、サルモネラ菌血症、カポジ肉腫・原発性脳リンパ腫・非ホジキンリンパ腫等)の発症に襲われることになります。

カポジ肉腫

カポジ肉腫

画像出典元:Wikipedia

カポジ肉腫

画像出典元:MSDマニュアル家庭版

このようなエイズ/AIDSが発症して治療せずにいるとその余命は2~3年です。

エイズ/AIDSが発症してからの治療もある程度功を奏する事もありますが、その効果は発症前(つまりHIV感染者の時期)と比較すると明らかに劣ります!

またエイズ/AIDSが発症してしまうと入院治療が必要になるケースがほとんどです。そのため感染した事を周囲に秘密にしておく事も困難です。

まだエイズ/AIDSが発症しないうちにHIV感染がわかれば最適な治療を受けることも可能です。

現在では、 HIV感染者に対して適切な薬剤の投与を釣ることで、 その平均寿命はHIV感染していない人と変わらないようになってきていますので、生活を変える必要もなく、個人の秘密を守ることができます。

定期的な検査と継続的な薬剤の投与をすることにより、通常の人と変わらない生活が可能になります。

また、HIV感染の早期発見のためにも、その他の性感染症の感染の疑いがある方はHIVにも感染しやすいため、積極的にHIV検査を受ける必要があります。

このHIV検査は匿名でかつ無料で保健所でできます。

もし保健所でHIV検査を受けたいのであれば、お近くの保健所のホームページを参照してください。

保健所での検査は恥ずかしいのであれば有料での検査キットによる検査も可能ですので、そちらもご検討ください。

HIV感染の検査と治療

このHIV検査は日本全国の保健所で匿名で検査受けることができ、費用も無料です。
もちろん、病院などの医療機関でもHIV検査は受けることができますが、この場合には費用がかかります。

HIV検査を受ける適切な時期とタイミングと検査のステップ

具体的な検査の流れ

HIV検査はまず最初にスクリーニング検査というものを実施し、そこで金星であれば「 HIV検査陰性」と判定されます。

そこで陽性になったものは引き続き確認検査を実施して、そこでさらに陽性と判定されれば、 HIV感染となり、陰性であればHIV検査陰性となるのです。

そのためスクリーニング検査の時点で陽性の場合にはHIV感染による(真の陽性)ではなく HIVに感染していないにもかかわらず、非特異反応というものにより陽性反応を示する「偽陽性」も含まれています。その為絶対に確認検査を受ける必要があります。

HIV感染のウィンドウ時期とは

HIVに感染した場合、感染した初期段階では血液検査で陰性となり、 HIVに感染していること自体が検査では判定不能になる時期があります。

この時期のことをHIVのウィンドウ時期「ウィンドウピリオド」といいます。

通常、HIVに感染した場合には3週間から4週間後ぐらいから血液中に抗体が検出されるようになりますので HIVに感染してから4週間以内に血液の抗体検査を受けた場合には実際にHIVウイルス感染していても陰性反応になる場合があります。

積もるHIV検査を受ける適切な時期は、感染した可能性のある子から4週間以上経過してからです。

それ以前にHIV検査をしてもHIV感染確認ができない事があるので注意してください。

HIV検査を受けてることができる場所

HIVの検査を受けることができる場所は前述の通り全国の保健所か、あるいは自治体の施設で性病の検査が行われています。

検査費用も前述の通り原則無料で、ご自分の名前を告げる必要もなく匿名で検査を受けることが可能です。

また検査を行う際も、ある程度他の人と会うことがないように配慮されている場合が多いですが、検査結果の数値については面談によって行われる為、電話や郵送などでの結果通知は禁止されています。

もちろん全国の病院やクリニックなどでも行われていますが、病院の場合は有料で検査費用以外に診察費用もしくははじめて行く病院やクリニックであれば、初診料が必要になります。

性病に関して何らかの症状がすでに表れている場合には検査費用に対して健康保険は適用できることがありますが、何も症状がない場合には健康保険が適用されないこともあります。

病院の場合、健康保険が適用されない自分でHIV検査が出来る「検査キット」を購入するよりも高額になってしまうことが稀にあります。



bgt?aid=211212547842&wid=049&eno=01&mid=s00000021379003008000&mc=1 - HIV感染症とは

0 - HIV感染症とは


bgt?aid=160216615667&wid=039&eno=01&mid=s00000005911001021000&mc=1 - HIV感染症とは

0 - HIV感染症とは


bgt?aid=211212547877&wid=049&eno=01&mid=s00000015485001011000&mc=1 - HIV感染症とは

0 - HIV感染症とは


bgt?aid=160216615637&wid=039&eno=01&mid=s00000001902006042000&mc=1 - HIV感染症とは

0 - HIV感染症とは

また、病院の場合は保健所のように匿名で検査を受けることができません。しかし医療関係者に対しては患者の情報に関する守秘義務がある為、秘密は守られます。

ただし病院の場合にはその病院の中で知り合いに出会う場合があり得ますのでその点には注意してください。

梅毒とは

梅毒の概要

まずここでネット上で公開されている梅毒感染者の末期症状の写真を以下紹介します

梅毒の症状

画像出典元:梅毒500年史、その症状と歴史

梅毒第3,4期の症状

画像出典元:梅毒についてのニュース news epitomenews

口腔咽頭と性感染症

画像出典元:日本性感染症学会 

梅毒は感染したあと3週間程度経過後大陰唇もしくは小陰唇に硬いしこりができ、その中心部がただれてきます。そして鼠径リンパ節が腫れてきますが一旦は2週間から3週間で症状がなくなります。

このように無症状になったからといって治癒したわけではありません。

さらに感染後6週間程度後に血液検査をすると陽性反応が出ます。梅毒で陽性の場合には、アンピシリンという抗生物質で治癒可能です。

陽性反応の人はHIVの感染している可能性が高いのでHIV検査も受けるべきです。この梅毒予防するためには、少なくともコンドームをつけてセックスをする必要があります。

コンドーム  

画像引用元:現代ビジネス

梅毒の病原体

梅毒の病原体であるトレポネーマはその長さは5ミクロンから20ミクロンで幅が0.25ミクロンの螺旋状の微生物です。このトレポネーマは人工の培養では育たず、たとえ組織培養してもごくわずかしか繁殖しません。

梅毒トレポネーマ

画像引用元:ウィキペディア

そのため人間の体内以外では長時間の生存は不可能です。この梅毒は感染してから約9週間までを第1期梅毒といいます。

また9週目から3年までを第2期梅毒、感染後3年以上経過した第3期梅毒と区分しています。第1期梅毒では感染して3週間後に侵入箇所に初期の硬結が生じます。

これは硬性下疳とと言われ、その後に潰瘍ができ、軟骨のような硬さになります。

この硬性下疳の硬度が診断の際に重要になります。ただし病変の割には痛みがほとんどなく数週間で消えてしまいます。

第2期梅毒は感染後3ヶ月後ぐらいからトレポネーマが血行性に局所から全身に広がり梅毒疹が生じてきます。

さらに梅毒性バラ疹や丘疹なんとか前進に出現します。また梅毒性脱毛などの発症します。これは頭の毛髪が不均一抜ける症状でにこの症状は数週間から数ヶ月続きます。

第3期梅毒では梅毒に感染してから3年以上経過した場合でいわゆるゴム腫が生じます。このゴム腫とは筋肉や骨および内臓にできるゴム状の硬さを持つ腫瘍の事です。

梅毒のゴム腫
梅毒のゴム腫
画像引用元:国立国際医療研究センター

梅毒第4期は梅毒に感染してから10年以上経過したものをいいます。この段階では心臓血管系は中枢神経が梅毒に侵され大動脈中膜炎や大動脈瘤、認知失調や進行性麻・モネどの症状が現れ、死に至ることもあります。

梅毒の診断・検査方法・梅毒の検査可能時期

梅毒に感染が疑われる日から4週間以上経過していれば、検査診断することが可能です。検査方法は採決による血液検査で感染の有無を確認することになります。

梅毒が感染しているがどうかを検査する方法にTP法(TP抗体検査)という方法があります。

ただし、梅毒が感染した可能性のある機会からある程度時間が経たなければ、血液検査では陰性となり、たとえ検査しても感染したことが不明な時期があります。

これを「ウインドウピリオド」と言います。

この「ウインドウピリオド」という期間はHIV(エイズが発症するヒト免疫不全ウイルス)に感染の際も通常3週間から6週間ありますが、梅毒に感染の場合に検査可能時期になるためには2ヶ月必要です。

そのため、梅毒に感染した可能性がある機会から
2ヶ月以上経過していれば検査可能です。

つまり梅毒に感染してすぐに検査しても分からないのです。

梅毒の検査可能時期は梅毒に感染した可能性がある機会から2ヶ月以上経過してからとなります。

梅毒の初期症状「第1期」に気づかない事がほとんど!

梅毒の初期症状

風俗嬢と遊んだけどとか、パパ活女子とセックスをしたけど・・
何も症状もないので多分梅毒に感染していない・・・

あなたはそんな風に思っていませんか?

でもその考え方は絶対間違っています!

なぜなら梅毒感染した後の

初期症状は全く無症状の状態のことがあなたの想像以上に多いからです。

第1期の梅毒その場合には主に初期硬結やリンパ節が腫れるとか硬性下疳などが生じるという症状が現れます。しかしこれらは2~3週間で消えます。そのため梅毒の感染に気づかないことも多々あります。

第2期梅毒(感染から約3ヶ月後)でも気づかない事がある

梅毒の第2期は一般的に身体の一部分もしくは多くの部分でかゆみがない発疹の出現が始まります。この発疹は硬性下疳が消失し始めると出現し始める場合もあり、消費の中枢看護に出現する場合もあります。

またこの発疹はざらざらした斑点のように手のひら家の裏に出演したりします。また汗疹のように発疹として出現したりします。一般的な規模やニキビやイボのようなものとして全身や陰部に出てきたりしますので、医師でさえ診断を迷ってしまうことがあります。

梅毒の感染経路

梅毒の主な感染経路は感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触です。

具体的には、性器と性器(セックス)、性器と肛門(アナルセックス)、性器と口の接触(オーラルセックスまたはフェラチオ)等が原因です。

また、稀にキスや梅毒に感染した人が使ったタオルなどが感染経路になり感染するほど強力な感染力が梅毒にはあります。

また、欧米では百面相と例えられるほど様々な様態で出現しますが 2週間から6週間程度で消失してしまいます。そのため一般的な発疹と勘違いして梅毒と気づかないこともあります。

梅毒第二期までの症状は、こんな症状なので自分が梅毒に感染していると気づかず、パートナーと平気でセックスやキス等をしますので、他の人に感染させやすいという怖さがあります!
キスでも梅毒が感染

キスでも梅毒は感染!

梅毒の潜伏期

梅毒の潜伏期は前述の第2期梅毒の症状が消失するととともに始まるといわれています。特に潜伏意義がスタートしてからの2年間は梅毒第2期の症状が再発しやすいと言われています。

これを前期梅毒潜伏期ともいいます。

そして2年以上経過した段階で後期梅毒潜伏期という言われ、たとえ無症状でも身体内に梅毒病原体のトレポネーマは存在し、内臓を痛めはじめます!

梅毒トレポネーマ

画像引用元:Wikipedia

そして梅毒病原体のトレポネーマは脳や神経、目、心臓、血管、骨、関節さらには、肝臓やその他臓器を標的にして攻撃しはじめます!

この段階になれば激しい腹痛や嘔吐、膝の障害、足の裏や足の指の深い傷などが生じ、これらの障害は死亡要因になるほどの重症になるケースもあります!

第4期梅毒「末期症状」

梅毒は前述のような第1期梅毒から第2期梅毒、そして第3期梅毒および潜伏期を経て、第4期梅毒(末期症状)という段階に入ります。

この第4期梅毒「末期症状」は梅毒に感染してからおおむね10年から30年後に進行すると言われてます。

この第4期梅毒「末期症状」まで進行した場合、身体の上の多くの臓器に影響を与え、心臓や脳や血管および神経に至るまで重篤な症状に進行し心不全や心臓発作などにつながり、死亡する可能性が非常に高くなります!

この第4期梅毒「末期症状」まで進行すると損傷した臓器を元に戻すことは不可能です!
臓器を元に戻すことは不可能

梅毒の本当の怖さ

梅毒はHIVいわゆるエイズ(HIV)よりも怖い性感染症とも言えます。

一つは梅毒はHIV等の他の性感染症に比べ圧倒的にに感染力が強く1回のセックスで感染する確率は15%~30%!という事です。

(HIV感染の場合男性で0.05%、女性で0.1%)

二つ目は第4期梅毒(末期症状)には、梅毒に感染してから10〜30年後に進行すると言われている事です。

第4期梅毒(末期症状)になると心血管梅毒という梅毒細菌による心臓及び関連血管の感染症を起こし、以下のような事になり、死に至る可能性が高い事です

  • 心臓に血液を供給する冠状動脈の狭窄
  • 心臓弁の損傷
  • 大動脈瘤の形成による大動脈破裂
  • 神経梅毒による髄膜炎や脳損傷による進行麻痺や脊髄癆の発症

脳や大動脈等に損傷が生じた場合元に戻す事は不可能です。

上述のように梅毒感染者は10年以上無症状期間があるのです。

その10年の間にセックスだけでなくキスだけでも梅毒は感染するのです

そして梅毒に感染したことを知らず、第4期梅毒=末期症状を迎えてしまうと現代医療でも手の施しようがない症状になっている事があり、心不全や心臓発作などに繋がり、死に至る可能性が高いのです。

梅毒の末期症状の紹介

ここで再度、ネット上で公開されている梅毒感染者の末期症状の写真を以下紹介します

梅毒の症状

画像出典元:梅毒500年史、その症状と歴史

梅毒第3,4期の症状

画像出典元:梅毒についてのニュース news epitomenews

口腔咽頭と性感染症

画像出典元:日本性感染症学会 

初期段階での治療が重要

現代では医学の進歩により比較的初期段階で梅毒の発見や治療を描くスタートできるようになり前述のような第4期梅毒「末期症状」まで進行することはほとんどないです。

気になる症状が感じた場合はもちろん、たとえ症状がなかったとしても不安だと思われるような行為(パパ活女子とのセックスや風俗嬢とのセックス等)があった場合には早急に検査しましょう! 

性感染症専門医療機関で性感染症の診察を受けるのがはばかられてるような人もおられるでしょう

最近では様々な検査機関が郵送によるSTD「性感染症」検査キットを提供しています。

そのようなSTD「性感染症」検査キットには以下のようなものがありますので紹介しておきます。
最近のSTD「性感染症」検査キットは完全に匿名を守っています。

例えば検査キットや検査結果がが郵送される時も郵便局留めにできたりします。
また、それだけでなく外装や送り状などから、その内容が分からないような梱包状態になっているのでご家族にもバレることはありません。

そのため完全に匿名を守れます、ぜひあなたも安心してSTD「性感染症」検査キットで簡単に検査をすることができますので、ぜひ検査をしてみましょう



bgt?aid=211212547842&wid=049&eno=01&mid=s00000021379003008000&mc=1 - 梅毒とは

0 - 梅毒とは


bgt?aid=160216615667&wid=039&eno=01&mid=s00000005911001021000&mc=1 - 梅毒とは

0 - 梅毒とは


bgt?aid=211212547877&wid=049&eno=01&mid=s00000015485001011000&mc=1 - 梅毒とは

0 - 梅毒とは


bgt?aid=160216615637&wid=039&eno=01&mid=s00000001902006042000&mc=1 - 梅毒とは

0 - 梅毒とは

上述のSTD(性感染症)検査キットはどれも信頼性が高く、(知人や友人だけでなく家族にも匿名性を保つ方法)で検査キットを送付してくれ少しの尿を採取して送付するか送られてくる簡単に採血できるツールで血液をほんの少し送付するだけで性感染症検査結果が分かります。

性器カンジダ症

性病カンジダ症とは

性感染症カンジダ症の概要

性感染症のカンジダ症を発症して治療薬を使ってもなかなかが治らない人は日常生活にも問題があり、見直すべき習慣がある可能性があります。またその生活習慣を変えないかぎり再発の可能性が高い病気です。日常生活の何を見直すべきなのでしょうか

くりかえしてしまう性感染症のカンジダ症が治らない人の特徴と根治の対策

性感染症のカンジダ症の症状を確認は一週間治療経過を診る

性感染症のカンジダ症は軽い痒みや赤み程度であれば、自分の免疫力が高まることなどによって自然治癒する可能性があります。

強い痛みやかゆみ、そしておりものなどの異常および排尿障害といったような症状が7れているようなときには、その症状が進んでいるため病院で治療をする必要が出てくるのです。

男性の場合には泌尿器科や性病科、女性の場合には、産婦人科に診察にいきましょう。

男性の場合は治療方法として抗真菌剤の軟膏やクリームなどの幹部への塗布の治療になります。女性の場合は膣錠や軟膏そしてクリームや経口薬などを活用し、その症状の改善を目指していきます。

男性・女性ともに概ね1週間程度で治療の効果が出てきますが、治療効果が10分でない場合には、追加の治療を実施することもあります。

治療薬を正しく使っていても症状がなかなか良くならない場合は日々の日常生活に何らかの問題がある場合があります。

例えば栄養バランスの偏った食生活などが続いたりすると体全体の免疫力が低下してしまい、性感染症のカンジダ症も治癒しにくくなってしまいます。

また患部が痒くなって掻いてしまうような事も症状が改善しない原因の一つです。寝ている時に無意識に患部を変えてしまうような人もいますので注意が必要です。

また性器カンジダ症は不潔ではいけないと考え、必要以上に洗いすぎたり、通気性の悪い下着などを着用した場合は、逆にカンジダ菌が繁殖しやすい環境を作る事になるので注意が必要なです。

また患部のかゆみや痛みが治まり始めると勝手に治癒したと思い、薬の使用を中止してしまう人もいるのですが、これも決して良くないので注意が必要です

性感染症のカンジダ症は何回も再発を繰り返す可能性のある病気で途中で症状が治まったと感じても、まずは1週間は治療を続けることが大切なことです。

このような事を気をつけていても症状が改善しない場合は膣トリコモナス症という全く別の病気の可能性も考えられるで医師に相談したほうがよいでしょう。

性感染症のカンジダ症の感染経路

カンジダ菌の主な感染経路は自己感染なのです。カンジダ菌は性器の粘膜の周辺や消化器官および皮膚などに存在している常在菌の仲間なので性感染症のカンジダ症の症状が出ていないな健康な人でもあってもカンジダ菌を保有しています。

このカンジダ菌は健康な人なら普段は何の悪影響もないですが、体調不良や過労でストレスが強くなったりして免疫力が低下すると突然異常に増殖して体に様々な症状を引き起こす事があります。

特に女性の場合妊娠中や糖尿病などの病気にかかっているような気には免疫力が低下する場合が多い為カンジダ菌が増殖しやすいと言われてます。

また抗生物質やステロイド剤などの服用中の女性の場合は生理の前後もカンジダ菌は装飾しやすいと言われていますので注意が必要です。

一般的にセックスによるカンジダ菌の感染はほとんどないと言われてますが、免疫力が低下している時のセックスでは稀に感染することがあるそうです。

その感染確率は概ね5%から10%程度と言われているのです。特に性感染症のカンジダ症を患っているときにセックスを行うとをしやすいと言われています。

男性の場合は性器がむき出しになっている為、セックスの後にシャワーなどでしっかりと笑い流せば、ほとんどの場合カンジダ菌に感染する事はないそうです。
しかし包茎の男性の場合は洗い落とすことが難しい為カンジダ菌の感染に至るケースもあるといわれてます。

とは言ってもセックスによるカンジダ菌の感染はほとんどの場合男性から女性に感染するケースが多いようです。

性感染症のカンジダ症が再発する理由と予防

性感染症のカンジダ症が再発してしまうような場合、そのパターンは体内のカンジダ菌が再び増殖するよ場合と単純に再発をする場合の2つのパターンがあります。

腸管の中に住み着いているカンジダ菌が肛門から膣に外陰部を経て感染する場合とセックスによって新たにカンジダ菌に感染する場合の2種類があります。

セックスによる感染を防止する為に陰部の清潔を必要以上に保とうとするような人がいますがこれは逆効果になってしまいます。

例えば陰部を石鹸で過剰に洗うと膣本来は持っているバリア機能がなくなる可能性が高く逆にカンジダ菌の増殖に繋がるのです。

カンジダ菌の感染を予防するために最も確実な方法としてはコンドーム着用する事が最も確実な方法と言えます。

またパートナーの男性が包茎の場合にもセックスによるカンジダ菌の再感染が発生しやすいと言われています。

カンジダ菌の感染が繰り返してをしてしまう場合には男性側の包茎手術も1つの方法としては考えられます。

性感染症のカンジダ症の再増殖防止対策

性感染症のカンジダ症の症状が治まったと思っていても数で検出できないようなカンジダ菌が膣の中に残っていたような場合何らかのきっかけで再びカンジダ菌が増殖をして発症する事あります。

そもそもカンジダ菌は常在菌なので生活習慣を見直すことをしない限りカンジダ菌の再増殖する可能性を否定することはできません。

性感染症のカンジダ症を再発させないためにもカンジダ菌が繁殖しやすいような環境を作らない事が最も大切な事です。

そのため、そのような環境を作らないように心がけることが大切なことです。例えば免疫力が低下するような生活をせず、規則正しい生活をすることはもちろんです。

また、通気性の悪い下着および衣服を着用を避けたり必要以上に抗生物質やステロイド剤などの薬剤を使用しないようにするなどの対策が必要です。

性感染症のカンジダ症の原因と予防方法

性感染症のカンジダ症の原因であるカンジダ菌は人間の体の中に常に存在している錠剤犬であるにもかかわらず性感染症のカンジダ症などの症状が起こってしまうのは何故なのでしょうか?

性感染症のカンジダ症が発症する原因と予防法について説明します。

免疫力を高める

性感染症のカンジダ症は人の体の免疫力が低下した際に発症しやすい病気です。カンジダ菌の感染を予防するために大切な事は免疫力を高く保つことです。前述のようにカンジダ菌は膣内に存在している常在菌です。

この常在菌は基本的には弱い菌等で通常は体に影響を与えません。膣の中には様々な常在菌が存在引けますが一般的に女性の体の健康な時は膣の中は善玉菌によって酸性に保たれています。

その善玉菌が常在菌を適度に死滅させる為カンジダ菌の異常な増殖を抑え、その結果膣の病気にかからないのです。しかし何らかの原因で免疫力が低下した場合膣の中の善玉菌が減少してpH値が下がります。

その結果、それまで増殖が抑えられていたカンジダ菌の増殖が進み性感染症のカンジダ症が発症するのです。

このように免疫力が低下するきっかけとなるのは過度のストレスや身体的及び肉体的疲労、そして睡眠不足更にはホルモンバランスの崩れ、及び妊娠や風邪などの病気がきっかけで免疫力が低下します。

これは誰にでもあるちょっとした体調の変化なので規則正しい生活を送ることで自分なりのストレス解消法を行ったりすることで体の調子を整えることによって免疫力の低下を防止することができます。


また抗生物質などを大量に服用している人はカンジダ菌に感染しやすいです。その理由は抗生物質がカンジダ菌の増殖を抑える作用をしている善玉菌まで減少させる作用があるからです。

そのため抗生物質服用している人で気になる症状がある人は婦人科に受診して抗生物質を服用していることを伝えた上で診察を受けるようにしましょう。

通気性の良い下着をつける

デリケートゾーンというものは常にいつぞや温度が高めに保たれており、カンジダ菌が増殖しやすい条件が揃っている場所です。

そのため下着はデリケートゾーンの湿度を上げないようにするためコットンのような通気性の良い素材を読むようにした方が良いでしょう。また下着は洗濯もしたときにはしっかりと対応に当たって乾かすことによってカンジダ菌の殺菌ができます。

そのため出来る限り室内などで乾かすのではなく天日に当てて乾かすようにしましょう。また、体にきっちりとフィットするジーンズやストッキングなどもデリケートゾーンを蒸してしまう原因になるため、長時間履く事は良い事ではありません。

そのため、出来る限り短時間で着替えるような工夫をした方が良いでしょう。またデリケートゾーンはは出来る限り乾燥させた方がカンジダ菌の増殖を抑えてくれます。

また、生理用ナプキンやタンポンおよびおりものシートなどは長時間つけっぱなしにしているとカンジダ菌の増殖の温床になってしまいます。

そのため出来る限りこまめに新しいものに取り替えた方が良いでしょう。

また、おりものシートはかぶりを予防してくれますがデリケートゾーンが蒸れやすくなってしまうため、性感染症のカンジダ症にかかったことのある人はおりものシートを使うのは控え下着をお好みに取り替えた方が膣カンジダ症の再発の防止に繋がります。

また他にも、入浴後および水泳などをした後は清潔なタオルで十分に水分を拭き取ってできるだけ早く、乾燥させておきましょう。

またカンジダ菌は腸内にも常在菌と存在しているため排便後にトイレットペーパーで膣を吹くときには後ろから前ではなく、前から後ろに服用にしましょう。

洗いすぎない

性感染症のカンジダ症を防止するためにもデリケートゾーンを洗いすぎてしまうことも逆効果になります。デリケートゾーンを払い過ぎることにより膣内の善玉菌までが、洗い流されてしまい自浄作用が弱くなります。
それゆえ入浴時にデリケートゾーンを洗う際には弱酸性で刺激の少ない石鹸で外陰部を軽く洗うがお湯だけで洗い流すことで充分です。

通常の石鹸やボディーソープなどを使用するより市販のデリケートゾーン専用の洗浄剤を選択するということもお勧めです。またウォシュレットや使い捨てのビデオ使って膣を洗浄するような習慣も自浄作用を弱める原因になるので良くないです。

膣の洗浄は出来る限り自浄作用に任せるようにしましょう。また使い捨てはどうしても汚れが気になるような場合だけ使うようにした方が良いでしょう。

性感染症のカンジダ症の感染について

性感染症のカンジダ症のほとんどは事故をもっと多くセックスでの観戦はほとんどないと言われています。性感染症のカンジダ症を発症しているような場合であっても観戦する事は無いのでしょうか?

ここでは性感染症のカンジダ症をに発症している時の性行為について解説します。

人に感染するのか

カンジダ菌は人間が常に持っている常在菌であるためカンジダは事故をによる発症はほとんどです。しかし稀にセックスによってカンジダ菌が感染することもあり得ます。

ただその確率は5%から10%程度であると言われています。この感染は事故をと同様に人間の体の免疫力が低下している際に感染しやすくなると言われています。

特にカンジダ性を発症しているときにセックスを行うとパートナーにうつしやすいので注意が必要です。その症状は男性の場合自覚症状が非常に少ないため感染していることを知らずにセックスを行って男性から女性に移してしまうケースが多いのです。

男性の場合、仮にカンジダ性を発症している女性とセックスをしても性器をシャワーなどで洗いさえすれば、カンジダ菌が簡単に落とすことができます。そのため女性から男性へ感染はしづらいと言われています。

ただし、男性でも包茎の人はカンジダ菌に感染しやすいと言われています。カンジダ性を発症しているときは少ないとは言えパートナーに移してしまうリスクがあるだけでなく自らの症状を悪化させないためにもセックスは避けたほうがよいでしょう。

セックス後の症状

セックスをした後に性感染症のカンジダ症の症状があらわれた場合は、ぜひ検査をした方が良いでしょう。女性の場合は婦人科や産婦人科、男性の場合は泌尿器科や性病科などで検査を受けるとよいでしょう。

また検査キットを取り寄せて検査をすることも可能ですので病院に行くような時間がない場合や他の人に知られたくない人は、このような検査キットで性感染症のカンジダ症の感染を検査をしても良いでしょう。

そして感染が確認されたときには病院やクリニックで診察してもらった場合には抗真菌剤や軟膏などが処方されます。

女性の場合、一般的には2~3日通院してから膣の洗浄などを行うことになります。痒みやおりものなどの症状が悪なってしまえば完治したといえます。

しかし、なかには再発を繰り返すような人もいますので、たとえ一度治癒してもカンジダ菌が増殖しないようその後の生活は免疫力が低下しないような規則正しい生活をすることが大切です。

コンドームの効果

性感染症のカンジダ症はセックスによる感染は少ないとは言え、感染する可能性もあります。そのため、セックスのときに感染しないようにするための最も効果的な予防方法はコンドームを使用してセックスすることです。

セーファーセックスという言葉がありますが、これは性感染症のカンジダ症などの性感染症の感染リスクをより低くするための工夫してセックスの事です。

もしあなたがセックスの相手に性感染症のカンジダ症などを他人に感染させないようにすることと同時、あなた自身がパートナーから性感染症のカンジダ症などを感染されてしまないないように注意することにもなるのです。

性感染症のカンジダ症をはじめとする性感染症の最大の感染ルートは明らかにセックスです。あなたはセーファーセックスをすることで性感染症の感染予防を行うことが非常に効果的です。
なかでもコンドームの使用による性感染症の感染防止は最も威力のある感染防止対策です。

それではなぜコンドームの使用はそれほどに性感染症の防止に効果的なのでしょうか。

そもそも性感染症のカンジダ症などの性感染症がセックスで観戦する理由は感染者の体液が背景の粘膜部もしくは傷口と直接接触することで感染します。ここでいう体液とは男性の精液、女性は膣液、血液です。

こうした粘膜部分は外に出ている皮膚などに比べてとても柔らかく湿っており細菌などの有害物質を体内にを吸収してしまいやすくなっているので、ここにウイルスなどが含まれている体液が接触すると、そのウィルスは体内に侵入します。

同じように傷口もまた非常に侵入がしやすい場所になっています。しかしコンドームを使用した場合体液と粘膜との間を物理的に遮断してしまうため直接接触することを防止します。

そのため、もしあなたがすべてはセックスにコンドームを使用するとセックスによる性感染症のカンジダ症の感染を防止することが可能になります。

ただし、性感染症の中でも性感染症のカンジダ症はセックスの他にも免疫力の低下によって自己感染地によって発症する場合があります。

この自己感染はコンドームでは防止することは不可能です。そのため前述したように、自らの免疫力を高めるような生活をするように生活改善をすることが大切になります。

男性の症状

性感染症のカンジダ症は主に女性に多い病気ですが、稀に男性にも発症することがあります男性が発症した場合には、どのような症状があるのでしょうか

また発症の原因は女性と同じなのでしょうか?ここでは男性の性感染症のカンジダ症について説明します。

男性の発症とは

男性の性器は女性とは違って身体の外に露出した構造になっているため通気性が良いことから日常から体を清潔にしてさえいれば性感染症のカンジダ症を発症するような事はほとんどありません。

しかし、亀頭や包皮などに性感染症のカンジダ症の原因の菌であるカンジダ菌が付着してしまった場合、雑菌や真菌が感染してしまうと亀頭包皮炎という病気を発症することがあります。

男性の性器にカンジダ菌が付着してしまうと亀頭や陰嚢などに痒みやただれ、そして発疹そして弱い痛みや白いカスなどが出てくるという症状が現れたりします。

また、まれに尿道炎などを発症することもあります。特にペニスなどに現れる白いカスは男性の性感染症のカンジダ症の大きな特徴でもあるのです。

通常、健康なペニスはほとんど垢などが発生しないため、白いカスや垢などが多く出るような場合には性感染症のカンジダ症を疑ったほうがよいでしょう。

男性の性感染症のカンジダ症の場合には痛みは現れるというようなことをほとんどないのですが、軽い痛みが感じているときには皮膚に炎症を起こしている可能性があるか、炎症が起きて部分の皮膚がは弱くなっていると皮膚は裂けやすい状態になっているので注意した方が良いです。

男性の性感染症のカンジダ症の感染の原因

男性の性感染症のカンジダ症の感染原因も女性の場合とほとんど同じです。

他人から感染するようなことはほとんどなく、やはり自己感染がほとんどです。

自らの体調不良や過労やストレスなどによって起こる免疫力の低下や抗生物質やステロイド剤の使用、そして通気性の悪い下着などを着用していることでカンジダ菌が繁殖しやすい環境になっている事。

或いは性器を清潔な状態に保っていないようなことが原因として考えられます。

これは女性と同じですがセックスによって性感染症のカンジダ症が感染して発症するケースは非常に稀なです。

カンジダ菌が女性から男性に感染することはありますが、セックスをした後、ペニスを洗って清潔な状態を保つことさえすれば発症することはほとんど少ないでしょう。

また男性の場合は包茎は性感染症のカンジダ症の誘因になることがあるので、亀頭や包皮を清潔に保つことが難しい場合、性感染症のカンジダ症の感染を繰り返してしまう場合は包茎治療を考えるべきです。

性感染症のカンジダ症の検査と治療薬

一般的に男性の場合鬼頭包皮炎などでは検査を行う事はほとんどないです。多くの場合選択は状態を見るだけで判断できるからです。

ただしなかなか治り難い場合や何度も繰り返す際は顕微鏡数や分泌物および皮膚の培養検査などを実施することがあります。

またクリニック等治療では発症している箇所に軟膏を塗ることが多々あります。

性感染症のカンジダ症だとわかった場合には抗真菌薬などが使われます。一般的には塗り始めてから1週間から2週間で症状は良くなっていきます。

ただしカビの1種であるカンジダ菌は皮膚の奥深くまで潜り込んでいます。そのため症状が良くなったからといってすぐに薬をやめてしまうと簡単に再発してしまう場合があります。

また薬の効き方は個人差があるため割りになかなか治らないようなことがありますが、そのような場合は、他の薬に切り替えるということも必要になります。

いずれにしろ最近ではSTD(性感染症)検査キットで匿名性を保ちながら簡単に分かりますので、もしかしたらと?いう症状がある場合にクリニック等や病院に行く事に気が引けるような方はSTD(性感染症)検査キットで郵送にて検査してもらいましょう。

STD「性感染症」検査キットには以下のようなものがありますので紹介しておきます。

最近のSTD「性感染症」検査キットは完全に匿名を守っています。例えば検査キットや検査結果がが郵送される時も郵便局留めにできたりします。

また、それだけでなく外装や送り状などから、その内容が分からないような梱包状態になっているのでご家族にもバレることはありません。

そのため完全に匿名を守れます、ぜひあなたも安心してSTD「性感染症」検査キットで簡単に検査をすることができますので、ぜひ検査をしてみましょう