-->

性病情報サイト

あなたは激増する危険な性病の梅毒やエイズ(HIV)でないと言えるか?

クラミジア感染症 最新ニュース 梅毒 淋病 風俗遊びで性感染症の危険

世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?

投稿日:3月 19, 2022 更新日:


淋病の原因となる淋菌淋病の原因となる淋菌を走査電子顕微鏡で撮影・着色した画像

画像出典元:ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

 

世界的に性感染症専門家が性感染症がコロナ渦でより広まった可能性があると主張?

報道によると、警戒強める専門家たちは性感染症がコロナ渦でよりクラミジアや淋病、梅毒等の性感染症が広まった可能性があるとの事!

梅毒トレポネーマ梅毒トレポネーマ

クラミジア菌
クラミジア菌

淋菌
淋菌

新型コロナ感染症が流行した2020年は新型コロナに感染したくないために多くの人が人と接触することを避けている傾向にあるため、当然性交渉なども避ける傾向があり、クラミジアや淋病、梅毒等の性感染症の減少していると考える人も多いでしょう。

しかし、アメリカでは反対に梅毒などの性感染症が増加している可能性があると性感染症専門家たちは警戒を強めているそうです。

現時点で性感染症に関して最も警戒されていることはいわゆる新型コロナのパンデミックの影響で、クラミジアや淋病、梅毒等のSTD「性感染症」検査が後回しにされていたからだとの事です

このような梅毒に代表する様な性感染症の抑制する方法はSTD「性感染症」検査をすることが最も大切なことの事です。

特にクラミジアや淋病などの性感染症は、たとえ感染してもしばらく全く何の症状もないからです!

アメリカの疾病対策センター(CDC)のデータによれば、 2015年から2019年までの4年間にクラミジアや淋病、梅毒等の性感染症の報告数はすべて毎年30%増加していたとのことです。

ところが2019年から2020年の1年間にクラミジア感染症は約15%減少し、梅毒に関しても約1%減少しているとのこと。

しかし、性感染症の専門家の見解ではこの数字はSTD「性感染症」検査数が減っただけで、実際に性感染症感染者が減少した訳では無いと見ているそうです。

その根拠となるのが2020年の乳幼児の梅毒報告数がなんと2019年を上回っているとことだそうだ!

その他にも(まだデータ収集段階ですが)2021年のデータによると初期のデータによると明らかに淋病の報告数が増加していることがわかっているのです。

それゆえ当然のことながら梅毒やクラミジアなどの性感染症の感染者数も増加している可能性があるという心配があるわけです。

また、その他にもアメリカのペンシルベニア州立大学の研究によると、新型コロナ新規感染者数は全米で増加していた。同時期にはSTD「性感染症」検査数が激減していたというのだ!

そのため、現在は性感染症感染者数が明確に把握できていないという状況であることが何より懸念されていることだそうだ。つまり知らず知らずのうちにクラミジアや淋病、梅毒等の性感染症が広がっている恐れがあるというわけだ!

特にクラミジア感染症の場合はアメリカでは最も報告数が多い性感染症ですが、このクラミジア感染症はたとえ感染しても男性の場合は50% 、女性の場合は80%が 無症状だというのだ!

淋病もクラミジア感染症もどちらの性感染症の症状も早い日本人に痛みを感じることが一般的で、正確で適切な性感染症検査をしないと性感染症ではなく尿路感染症と誤診されがちだとの事です!

引用元:ナショナルジオグラフィック日本版

今後、梅毒・淋病・クラミジア感染症等の感染者の増加が確実!

アメリカにおける診療所や検査機関も最近になってようやく新型コロナのパンデミック前の検査体制に戻りつつあるという。

それゆえ、予約なしに患者者を受け入れる診療所や検査機関も増えているとの事です。

診療所や検査機関は通常の70%から80%の稼働率で対応可能になっているという。

しかし、多くの性感染症の専門家は実際には梅毒などの規制感染症の感染者の状況の事態はもっと深刻になっているのではないかと懸念しているとの事です!

ある感染症の研究所の推計では1020年の3月から2020年の6月までの間に見逃してきた性感染症の症例は15万件を超えると見積もっているのだ!

また梅毒などの性感染症とHIVの検査を実施している研究機関では新型コロナパンデミックが始まった当初は、性感染症の感染者は減少したが、現在はすべての性感染症が増加していると予測しているのだ!

実際に2021年6月に2019年と同じ数のSTD「性感染症」検査を実施した際には、淋病の累積感染者数は2019年の同じ時期に比べて約25%も増加していたというのだ!

また新型コロナのパンデミックの影響のせいで本当の性感染症の増加率を特定するのは難しいという。

梅毒などの性感染症の感染者数の症例が増加したのは2020年に新型コロナのパンデミックの影響のせいで性感染症の検査が出来なかった分が、今になって検査処理されたことが原因なのか、実際に梅毒などの性感染症の感染者が増加したのかはわからないという!

ただし、新型コロナのパンデミックの影響のせいで性感染症の検査が減少したことにより無症状の梅毒などの性感染症感染者を見逃していた事が感染拡大につながったことをほぼ間違いという!

引用元:ナショナルジオグラフィック日本版

上記のようなアメリカの梅毒などの性感染症の現状はアメリカだけのことではなく、日本でも無視できません。
なぜならコロナ渦と収まりつつある今年2022年でも梅毒感染者数は増加の一途を辿っているからです!
上述のアメリカの状況鑑みると、その原因は日本国内だけにあるとは考えられません。
特に隣国の中国などは、梅毒などの性感染症に対する考えが甘いと言われています。

そんな中国ではアメリカ以上に梅毒などの性感染症の感染者が激増していると考えられます。
特に関西圏その中でも大阪では中国人はかなり増加していますので中国人女性による風俗店などもかなり多く、
彼女らは前述のような性感染症に対しての考えが甘くSTD「性感染症」検査を受診している可能性はかなり高いと思われます。

またそんな風俗店の中国人女性は日本人女性とあまり見分けがつかないため軽快を怠ってそんな風俗嬢と接触(性交渉だけではなく、オーラルセックスやキスだけでも)すれば梅毒などの性感染症、感染してしまいます!

もしそんな風俗嬢と遊んだ身に覚えのある方は早急にSTD「性感染症」検査を受けるべきでしょう。

以下は主要なSTD(性感染症)検査キットです


bgt?aid=211212547842&wid=049&eno=01&mid=s00000021379003008000&mc=1 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?

0 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


bgt?aid=160216615667&wid=039&eno=01&mid=s00000005911001021000&mc=1 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


0 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


bgt?aid=211212547877&wid=049&eno=01&mid=s00000015485001011000&mc=1 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?

0 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


bgt?aid=160216615637&wid=039&eno=01&mid=s00000001902006042000&mc=1 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?


0 - 世界的にも梅毒を含め性感染症がコロナ禍でより広まった?

投稿者プロフィール

土屋倫子
土屋倫子編集長
明治大学医学部卒業後、新宿歌舞伎町で風俗嬢として働き、風俗嬢を引退した後、フリーの風俗ジャーナリストとして活躍中 風俗雑誌の出版社を設立、その風俗雑誌の出版社の代表取締役兼編集長兼務中

-クラミジア感染症, 最新ニュース, 梅毒, 淋病, 風俗遊びで性感染症の危険

執筆者: