-->

性病情報サイト

あなたは激増する危険な性病の梅毒やエイズ(HIV)でないと言えるか?

梅毒 都道府県別梅毒の感染経路 都道府県別梅毒感染者数推移

兵庫県の梅毒感染者数詳細

投稿日:12月 9, 2021 更新日:


兵庫県の梅毒感染者数の推移は2010年から増加し始め全国の重篤な性感染症つまり性病である梅毒感染者増加傾向とほぼ比例して増加しています。そして2016年には100人以上で183人にまで増加して2018年には268人まで急増しています。

その後2020年のデータはありませんがこのペースでいくと2020年には300人を超えていることが推測できます。

兵庫県の性感染症つまり性病の梅毒感染者増加の原因の推定

兵庫県の場合には最近ニュースで話題になった消滅の危機があるという尼崎市の古くからある遊郭であるかんなみ新地あります。

また若者に人気の町である。神戸の隣街の福原にはこれも全国的に有名な本番セックス可能なソープランド街があり、本番行為つまり梅毒の感染経路となり得る性器と性器の粘膜接触が可能な風俗街があります。

これらのかんなみ新地や福原のソープランド街などが梅毒などの性感染症つまり性病の感染経路になっている可能性は十分にあります

そのため神戸の繁華街でもある三宮界隈や元町界隈どでやナンパしたりされたりした方はもちろんの事ですが、かんなみ新地や福原のソープランド街などなどで遊んだ経験のある方は早急に梅毒を含めた他の性感染症検査などをすべきです。

福原のソープランド街

福原のソープランド街

尼崎市の旧遊郭かんなみ新地

尼崎市の旧遊郭かんなみ新地

このような兵庫県の風俗街は大阪の飛田新地などに次ぐ危険な性感染症の震源地になっている可能性も否定できません。

兵庫県の梅毒感染者数推移

兵庫県の梅毒感染者数推移表

兵庫県の梅毒感染者数推移グラフ

投稿者プロフィール

土屋倫子
土屋倫子編集長
明治大学医学部卒業後、新宿歌舞伎町で風俗嬢として働き、風俗嬢を引退した後、フリーの風俗ジャーナリストとして活躍中 風俗雑誌の出版社を設立、その風俗雑誌の出版社の代表取締役兼編集長兼務中

-梅毒, 都道府県別梅毒の感染経路, 都道府県別梅毒感染者数推移

執筆者: