-->

性病情報サイト

あなたは激増する危険な性病の梅毒やエイズ(HIV)でないと言えるか?

梅毒 都道府県別梅毒感染者数推移

新潟県の梅毒感染者数推移詳細

投稿日:12月 4, 2021 更新日:


新潟県の梅毒感染者数の推移は2012年ぐらいから増加し始め翌年の2016年には梅毒感染者報告数は40人を超え、その後高止まりし2020年まで40人以上で高止まりし、その後2021年の感染者数は19人と感染者報告数報告は減少しています。

しかし他府県の状況を考慮すると梅毒感染者数が減少している可能性は少なくむしろ増加していると推測できます。

新潟県の梅毒感染者増加可能性原因の推定と新潟県民のあなたの対処

新潟県の繁華街でもあり風俗街でもある古市通りと東堀通りの間の昭和新道の新潟県のソープランド街で本来違法な本番セックスの風俗遊びをしたような人は梅毒に感染している可能性が非常に高いです。

昭和新道

昭和新道

画像出典元:山林生活

新潟県の梅毒感染者数推移表とグラフ

新潟県の梅毒感染者数推移表

新潟県の梅毒感染者数推移グラフ

また他府県の状況を考慮すると他府県で風俗通いをしたような人の梅毒感染者等の潜在的感染者数はもっと多いと推測される

そのため心当たりのある方はできるだけ早く梅毒を含めたすべての性感染症検査法来るべきです。

投稿者プロフィール

土屋倫子
土屋倫子編集長
明治大学医学部卒業後、新宿歌舞伎町で風俗嬢として働き、風俗嬢を引退した後、フリーの風俗ジャーナリストとして活躍中 風俗雑誌の出版社を設立、その風俗雑誌の出版社の代表取締役兼編集長兼務中

-梅毒, 都道府県別梅毒感染者数推移

執筆者: