-->

性病情報サイト

あなたは激増する危険な性病の梅毒やエイズ(HIV)でないと言えるか?

カンジダ 性病/性感染症の原因と症状と治療法

性病カンジダ症とは

投稿日:11月 19, 2021 更新日:


性感染症カンジダ症の概要

性感染症のカンジダ症を発症して治療薬を使ってもなかなかが治らない人は日常生活にも問題があり、見直すべき習慣がある可能性があります。またその生活習慣を変えないかぎり再発の可能性が高い病気です。日常生活の何を見直すべきなのでしょうか

くりかえしてしまう性感染症のカンジダ症が治らない人の特徴と根治の対策

性感染症のカンジダ症の症状を確認は一週間治療経過を診る

性感染症のカンジダ症は軽い痒みや赤み程度であれば、自分の免疫力が高まることなどによって自然治癒する可能性があります。

強い痛みやかゆみ、そしておりものなどの異常および排尿障害といったような症状が7れているようなときには、その症状が進んでいるため病院で治療をする必要が出てくるのです。

男性の場合には泌尿器科や性病科、女性の場合には、産婦人科に診察にいきましょう。

男性の場合は治療方法として抗真菌剤の軟膏やクリームなどの幹部への塗布の治療になります。女性の場合は膣錠や軟膏そしてクリームや経口薬などを活用し、その症状の改善を目指していきます。

男性・女性ともに概ね1週間程度で治療の効果が出てきますが、治療効果が10分でない場合には、追加の治療を実施することもあります。

治療薬を正しく使っていても症状がなかなか良くならない場合は日々の日常生活に何らかの問題がある場合があります。

例えば栄養バランスの偏った食生活などが続いたりすると体全体の免疫力が低下してしまい、性感染症のカンジダ症も治癒しにくくなってしまいます。

また患部が痒くなって掻いてしまうような事も症状が改善しない原因の一つです。寝ている時に無意識に患部を変えてしまうような人もいますので注意が必要です。

また性器カンジダ症は不潔ではいけないと考え、必要以上に洗いすぎたり、通気性の悪い下着などを着用した場合は、逆にカンジダ菌が繁殖しやすい環境を作る事になるので注意が必要なです。

また患部のかゆみや痛みが治まり始めると勝手に治癒したと思い、薬の使用を中止してしまう人もいるのですが、これも決して良くないので注意が必要です

性感染症のカンジダ症は何回も再発を繰り返す可能性のある病気で途中で症状が治まったと感じても、まずは1週間は治療を続けることが大切なことです。

このような事を気をつけていても症状が改善しない場合は膣トリコモナス症という全く別の病気の可能性も考えられるで医師に相談したほうがよいでしょう。

性感染症のカンジダ症の感染経路

カンジダ菌の主な感染経路は自己感染なのです。カンジダ菌は性器の粘膜の周辺や消化器官および皮膚などに存在している常在菌の仲間なので性感染症のカンジダ症の症状が出ていないな健康な人でもあってもカンジダ菌を保有しています。

このカンジダ菌は健康な人なら普段は何の悪影響もないですが、体調不良や過労でストレスが強くなったりして免疫力が低下すると突然異常に増殖して体に様々な症状を引き起こす事があります。

特に女性の場合妊娠中や糖尿病などの病気にかかっているような気には免疫力が低下する場合が多い為カンジダ菌が増殖しやすいと言われてます。

また抗生物質やステロイド剤などの服用中の女性の場合は生理の前後もカンジダ菌は装飾しやすいと言われていますので注意が必要です。

一般的にセックスによるカンジダ菌の感染はほとんどないと言われてますが、免疫力が低下している時のセックスでは稀に感染することがあるそうです。

その感染確率は概ね5%から10%程度と言われているのです。特に性感染症のカンジダ症を患っているときにセックスを行うとをしやすいと言われています。

男性の場合は性器がむき出しになっている為、セックスの後にシャワーなどでしっかりと笑い流せば、ほとんどの場合カンジダ菌に感染する事はないそうです。
しかし包茎の男性の場合は洗い落とすことが難しい為カンジダ菌の感染に至るケースもあるといわれてます。

とは言ってもセックスによるカンジダ菌の感染はほとんどの場合男性から女性に感染するケースが多いようです。

性感染症のカンジダ症が再発する理由と予防

性感染症のカンジダ症が再発してしまうような場合、そのパターンは体内のカンジダ菌が再び増殖するよ場合と単純に再発をする場合の2つのパターンがあります。

腸管の中に住み着いているカンジダ菌が肛門から膣に外陰部を経て感染する場合とセックスによって新たにカンジダ菌に感染する場合の2種類があります。

セックスによる感染を防止する為に陰部の清潔を必要以上に保とうとするような人がいますがこれは逆効果になってしまいます。

例えば陰部を石鹸で過剰に洗うと膣本来は持っているバリア機能がなくなる可能性が高く逆にカンジダ菌の増殖に繋がるのです。

カンジダ菌の感染を予防するために最も確実な方法としてはコンドーム着用する事が最も確実な方法と言えます。

またパートナーの男性が包茎の場合にもセックスによるカンジダ菌の再感染が発生しやすいと言われています。

カンジダ菌の感染が繰り返してをしてしまう場合には男性側の包茎手術も1つの方法としては考えられます。

性感染症のカンジダ症の再増殖防止対策

性感染症のカンジダ症の症状が治まったと思っていても数で検出できないようなカンジダ菌が膣の中に残っていたような場合何らかのきっかけで再びカンジダ菌が増殖をして発症する事あります。

そもそもカンジダ菌は常在菌なので生活習慣を見直すことをしない限りカンジダ菌の再増殖する可能性を否定することはできません。

性感染症のカンジダ症を再発させないためにもカンジダ菌が繁殖しやすいような環境を作らない事が最も大切な事です。

そのため、そのような環境を作らないように心がけることが大切なことです。例えば免疫力が低下するような生活をせず、規則正しい生活をすることはもちろんです。

また、通気性の悪い下着および衣服を着用を避けたり必要以上に抗生物質やステロイド剤などの薬剤を使用しないようにするなどの対策が必要です。

性感染症のカンジダ症の原因と予防方法

性感染症のカンジダ症の原因であるカンジダ菌は人間の体の中に常に存在している錠剤犬であるにもかかわらず性感染症のカンジダ症などの症状が起こってしまうのは何故なのでしょうか?

性感染症のカンジダ症が発症する原因と予防法について説明します。

免疫力を高める

性感染症のカンジダ症は人の体の免疫力が低下した際に発症しやすい病気です。カンジダ菌の感染を予防するために大切な事は免疫力を高く保つことです。前述のようにカンジダ菌は膣内に存在している常在菌です。

この常在菌は基本的には弱い菌等で通常は体に影響を与えません。膣の中には様々な常在菌が存在引けますが一般的に女性の体の健康な時は膣の中は善玉菌によって酸性に保たれています。

その善玉菌が常在菌を適度に死滅させる為カンジダ菌の異常な増殖を抑え、その結果膣の病気にかからないのです。しかし何らかの原因で免疫力が低下した場合膣の中の善玉菌が減少してpH値が下がります。

その結果、それまで増殖が抑えられていたカンジダ菌の増殖が進み性感染症のカンジダ症が発症するのです。

このように免疫力が低下するきっかけとなるのは過度のストレスや身体的及び肉体的疲労、そして睡眠不足更にはホルモンバランスの崩れ、及び妊娠や風邪などの病気がきっかけで免疫力が低下します。

これは誰にでもあるちょっとした体調の変化なので規則正しい生活を送ることで自分なりのストレス解消法を行ったりすることで体の調子を整えることによって免疫力の低下を防止することができます。


また抗生物質などを大量に服用している人はカンジダ菌に感染しやすいです。その理由は抗生物質がカンジダ菌の増殖を抑える作用をしている善玉菌まで減少させる作用があるからです。

そのため抗生物質服用している人で気になる症状がある人は婦人科に受診して抗生物質を服用していることを伝えた上で診察を受けるようにしましょう。

通気性の良い下着をつける

デリケートゾーンというものは常にいつぞや温度が高めに保たれており、カンジダ菌が増殖しやすい条件が揃っている場所です。

そのため下着はデリケートゾーンの湿度を上げないようにするためコットンのような通気性の良い素材を読むようにした方が良いでしょう。また下着は洗濯もしたときにはしっかりと対応に当たって乾かすことによってカンジダ菌の殺菌ができます。

そのため出来る限り室内などで乾かすのではなく天日に当てて乾かすようにしましょう。また、体にきっちりとフィットするジーンズやストッキングなどもデリケートゾーンを蒸してしまう原因になるため、長時間履く事は良い事ではありません。

そのため、出来る限り短時間で着替えるような工夫をした方が良いでしょう。またデリケートゾーンはは出来る限り乾燥させた方がカンジダ菌の増殖を抑えてくれます。

また、生理用ナプキンやタンポンおよびおりものシートなどは長時間つけっぱなしにしているとカンジダ菌の増殖の温床になってしまいます。

そのため出来る限りこまめに新しいものに取り替えた方が良いでしょう。

また、おりものシートはかぶりを予防してくれますがデリケートゾーンが蒸れやすくなってしまうため、性感染症のカンジダ症にかかったことのある人はおりものシートを使うのは控え下着をお好みに取り替えた方が膣カンジダ症の再発の防止に繋がります。

また他にも、入浴後および水泳などをした後は清潔なタオルで十分に水分を拭き取ってできるだけ早く、乾燥させておきましょう。

またカンジダ菌は腸内にも常在菌と存在しているため排便後にトイレットペーパーで膣を吹くときには後ろから前ではなく、前から後ろに服用にしましょう。

洗いすぎない

性感染症のカンジダ症を防止するためにもデリケートゾーンを洗いすぎてしまうことも逆効果になります。デリケートゾーンを払い過ぎることにより膣内の善玉菌までが、洗い流されてしまい自浄作用が弱くなります。
それゆえ入浴時にデリケートゾーンを洗う際には弱酸性で刺激の少ない石鹸で外陰部を軽く洗うがお湯だけで洗い流すことで充分です。

通常の石鹸やボディーソープなどを使用するより市販のデリケートゾーン専用の洗浄剤を選択するということもお勧めです。またウォシュレットや使い捨てのビデオ使って膣を洗浄するような習慣も自浄作用を弱める原因になるので良くないです。

膣の洗浄は出来る限り自浄作用に任せるようにしましょう。また使い捨てはどうしても汚れが気になるような場合だけ使うようにした方が良いでしょう。

性感染症のカンジダ症の感染について

性感染症のカンジダ症のほとんどは事故をもっと多くセックスでの観戦はほとんどないと言われています。性感染症のカンジダ症を発症しているような場合であっても観戦する事は無いのでしょうか?

ここでは性感染症のカンジダ症をに発症している時の性行為について解説します。

人に感染するのか

カンジダ菌は人間が常に持っている常在菌であるためカンジダは事故をによる発症はほとんどです。しかし稀にセックスによってカンジダ菌が感染することもあり得ます。

ただその確率は5%から10%程度であると言われています。この感染は事故をと同様に人間の体の免疫力が低下している際に感染しやすくなると言われています。

特にカンジダ性を発症しているときにセックスを行うとパートナーにうつしやすいので注意が必要です。その症状は男性の場合自覚症状が非常に少ないため感染していることを知らずにセックスを行って男性から女性に移してしまうケースが多いのです。

男性の場合、仮にカンジダ性を発症している女性とセックスをしても性器をシャワーなどで洗いさえすれば、カンジダ菌が簡単に落とすことができます。そのため女性から男性へ感染はしづらいと言われています。

ただし、男性でも包茎の人はカンジダ菌に感染しやすいと言われています。カンジダ性を発症しているときは少ないとは言えパートナーに移してしまうリスクがあるだけでなく自らの症状を悪化させないためにもセックスは避けたほうがよいでしょう。

セックス後の症状

セックスをした後に性感染症のカンジダ症の症状があらわれた場合は、ぜひ検査をした方が良いでしょう。女性の場合は婦人科や産婦人科、男性の場合は泌尿器科や性病科などで検査を受けるとよいでしょう。

また検査キットを取り寄せて検査をすることも可能ですので病院に行くような時間がない場合や他の人に知られたくない人は、このような検査キットで性感染症のカンジダ症の感染を検査をしても良いでしょう。

そして感染が確認されたときには病院やクリニックで診察してもらった場合には抗真菌剤や軟膏などが処方されます。

女性の場合、一般的には2~3日通院してから膣の洗浄などを行うことになります。痒みやおりものなどの症状が悪なってしまえば完治したといえます。

しかし、なかには再発を繰り返すような人もいますので、たとえ一度治癒してもカンジダ菌が増殖しないようその後の生活は免疫力が低下しないような規則正しい生活をすることが大切です。

コンドームの効果

性感染症のカンジダ症はセックスによる感染は少ないとは言え、感染する可能性もあります。そのため、セックスのときに感染しないようにするための最も効果的な予防方法はコンドームを使用してセックスすることです。

セーファーセックスという言葉がありますが、これは性感染症のカンジダ症などの性感染症の感染リスクをより低くするための工夫してセックスの事です。

もしあなたがセックスの相手に性感染症のカンジダ症などを他人に感染させないようにすることと同時、あなた自身がパートナーから性感染症のカンジダ症などを感染されてしまないないように注意することにもなるのです。

性感染症のカンジダ症をはじめとする性感染症の最大の感染ルートは明らかにセックスです。あなたはセーファーセックスをすることで性感染症の感染予防を行うことが非常に効果的です。
なかでもコンドームの使用による性感染症の感染防止は最も威力のある感染防止対策です。

それではなぜコンドームの使用はそれほどに性感染症の防止に効果的なのでしょうか。

そもそも性感染症のカンジダ症などの性感染症がセックスで観戦する理由は感染者の体液が背景の粘膜部もしくは傷口と直接接触することで感染します。ここでいう体液とは男性の精液、女性は膣液、血液です。

こうした粘膜部分は外に出ている皮膚などに比べてとても柔らかく湿っており細菌などの有害物質を体内にを吸収してしまいやすくなっているので、ここにウイルスなどが含まれている体液が接触すると、そのウィルスは体内に侵入します。

同じように傷口もまた非常に侵入がしやすい場所になっています。しかしコンドームを使用した場合体液と粘膜との間を物理的に遮断してしまうため直接接触することを防止します。

そのため、もしあなたがすべてはセックスにコンドームを使用するとセックスによる性感染症のカンジダ症の感染を防止することが可能になります。

ただし、性感染症の中でも性感染症のカンジダ症はセックスの他にも免疫力の低下によって自己感染地によって発症する場合があります。

この自己感染はコンドームでは防止することは不可能です。そのため前述したように、自らの免疫力を高めるような生活をするように生活改善をすることが大切になります。

男性の症状

性感染症のカンジダ症は主に女性に多い病気ですが、稀に男性にも発症することがあります男性が発症した場合には、どのような症状があるのでしょうか

また発症の原因は女性と同じなのでしょうか?ここでは男性の性感染症のカンジダ症について説明します。

男性の発症とは

男性の性器は女性とは違って身体の外に露出した構造になっているため通気性が良いことから日常から体を清潔にしてさえいれば性感染症のカンジダ症を発症するような事はほとんどありません。

しかし、亀頭や包皮などに性感染症のカンジダ症の原因の菌であるカンジダ菌が付着してしまった場合、雑菌や真菌が感染してしまうと亀頭包皮炎という病気を発症することがあります。

男性の性器にカンジダ菌が付着してしまうと亀頭や陰嚢などに痒みやただれ、そして発疹そして弱い痛みや白いカスなどが出てくるという症状が現れたりします。

また、まれに尿道炎などを発症することもあります。特にペニスなどに現れる白いカスは男性の性感染症のカンジダ症の大きな特徴でもあるのです。

通常、健康なペニスはほとんど垢などが発生しないため、白いカスや垢などが多く出るような場合には性感染症のカンジダ症を疑ったほうがよいでしょう。

男性の性感染症のカンジダ症の場合には痛みは現れるというようなことをほとんどないのですが、軽い痛みが感じているときには皮膚に炎症を起こしている可能性があるか、炎症が起きて部分の皮膚がは弱くなっていると皮膚は裂けやすい状態になっているので注意した方が良いです。

男性の性感染症のカンジダ症の感染の原因

男性の性感染症のカンジダ症の感染原因も女性の場合とほとんど同じです。

他人から感染するようなことはほとんどなく、やはり自己感染がほとんどです。

自らの体調不良や過労やストレスなどによって起こる免疫力の低下や抗生物質やステロイド剤の使用、そして通気性の悪い下着などを着用していることでカンジダ菌が繁殖しやすい環境になっている事。

或いは性器を清潔な状態に保っていないようなことが原因として考えられます。

これは女性と同じですがセックスによって性感染症のカンジダ症が感染して発症するケースは非常に稀なです。

カンジダ菌が女性から男性に感染することはありますが、セックスをした後、ペニスを洗って清潔な状態を保つことさえすれば発症することはほとんど少ないでしょう。

また男性の場合は包茎は性感染症のカンジダ症の誘因になることがあるので、亀頭や包皮を清潔に保つことが難しい場合、性感染症のカンジダ症の感染を繰り返してしまう場合は包茎治療を考えるべきです。

性感染症のカンジダ症の検査と治療薬

一般的に男性の場合鬼頭包皮炎などでは検査を行う事はほとんどないです。多くの場合選択は状態を見るだけで判断できるからです。

ただしなかなか治り難い場合や何度も繰り返す際は顕微鏡数や分泌物および皮膚の培養検査などを実施することがあります。

またクリニック等治療では発症している箇所に軟膏を塗ることが多々あります。

性感染症のカンジダ症だとわかった場合には抗真菌薬などが使われます。一般的には塗り始めてから1週間から2週間で症状は良くなっていきます。

ただしカビの1種であるカンジダ菌は皮膚の奥深くまで潜り込んでいます。そのため症状が良くなったからといってすぐに薬をやめてしまうと簡単に再発してしまう場合があります。

また薬の効き方は個人差があるため割りになかなか治らないようなことがありますが、そのような場合は、他の薬に切り替えるということも必要になります。

いずれにしろ最近ではSTD(性感染症)検査キットで匿名性を保ちながら簡単に分かりますので、もしかしたらと?いう症状がある場合にクリニック等や病院に行く事に気が引けるような方はSTD(性感染症)検査キットで郵送にて検査してもらいましょう。

STD「性感染症」検査キットには以下のようなものがありますので紹介しておきます。

最近のSTD「性感染症」検査キットは完全に匿名を守っています。例えば検査キットや検査結果がが郵送される時も郵便局留めにできたりします。

また、それだけでなく外装や送り状などから、その内容が分からないような梱包状態になっているのでご家族にもバレることはありません。

そのため完全に匿名を守れます、ぜひあなたも安心してSTD「性感染症」検査キットで簡単に検査をすることができますので、ぜひ検査をしてみましょう

投稿者プロフィール

小野靖
小野靖オノ泌尿器科クリニック院長 泌尿器科学会専門医
愛媛大学医学部医学科卒業後、大阪医療センターに勤務医として従事後、オノ泌尿器科クリニックを開業

-カンジダ, 性病/性感染症の原因と症状と治療法
-

執筆者:

関連記事

HIV検査の経過と現状

現在新型コロナ感染症 …

梅毒とは

梅毒の概要 まずここ&#12391 …

淋病とは

淋病の概要 淋病の症&#29366 …

性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症 …

パパ活

60歳代でも普通に性病患者が激増している!?

ある東京都の性病クリ …